日本の住まいを考えるの記事一覧

日本の住まいがいま大きく変化し始めている。日本を襲った大地震は甚大な被害をもたらしたが、その一方で対策技術が大きく進歩した。また、環境に優しく快適な住環境を実現する住宅も開発されている。さらには、森林資源に恵まれた高品質な材木をたっぷり使った最新住宅は、世界一の技術力を誇る住宅と言っていい。いままで住宅は国内産業だと思われていたが、日本の大きな輸出産業になる可能性も秘めている。いま、日本の住宅は面白い。

アパート経営はマーケットイン型しか生き残らない
SHINOKEN WAYS2017.12.25
「相続」の勝敗は、情報収集と分析にあり
SHINOKEN WAYS2017.12.18
日本のトップ地方都市・福岡の限りないポテンシャル | データで見る都市
SHINOKEN WAYS2017.12.11
世界都市ランキング東京3位、2位のニューヨークに接近
SHINOKEN WAYS2017.12.4
東北最大の経済都市と「学都」、二つの顔を持つ仙台市 | データで見る都市
SHINOKEN WAYS2017.11.27
格差はっきり「立地適正化計画」で日本は変われるのか?
SHINOKEN WAYS2017.11.20
人はなぜ都心に住むのか?
SHINOKEN WAYS2017.11.13
ターミナル駅としてさらなる進化を目指す渋谷|東京大改造
SHINOKEN WAYS2017.10.30
「北千住」が3年連続1位で注目集める本当の理由
SHINOKEN WAYS2017.10.23
老後を変えるために、モノの価値とお金の価値を考え直そう
SHINOKEN WAYS2017.10.16
高齢者ターゲットの「住宅」ビジネス
SHINOKEN WAYS2017.10.9
2022年、不動産暴落リスクは三大都市圏が高くなる
SHINOKEN WAYS2017.10.2
「人口減少傾向でも、世帯数は増加」がビジネスの鍵となる
SHINOKEN WAYS2017.9.18
民泊運営の壁を壊すブロックチェーン
SHINOKEN WAYS2017.9.11
VALU炎上で見る資産づくりの下手な日本人
SHINOKEN WAYS2017.9.4
魅力のない都市No.1「名古屋」の凄まじき地力 | データで見る都市
SHINOKEN WAYS2017.8.28