酒とキノコの味わいを生んだ、共生と寄生の分解者

生物進化を食べる(第8話)真菌類篇

2019.11.29(Fri)大平 万里

 担子菌がどんな植物と生活を共にするかは、それぞれはっきりと決まっていることが多く、キノコと植物とが“持ちつ持たれつ”の関係を築いてきたことが分かる。そして、担子菌の多様化によって植物の遺骸はさらに完全に分解されるようになり、地上の物質循環はさらに加速することになった。そのため、中生代白亜紀以降の地層では、大規模な炭田はほぼなくなる。

(左)シイタケと(右)マツタケ。食材として知られるこれら「キノコ」も真菌類。

スギなどの針葉樹にキノコは生えにくい

 さらに中生代白亜紀も終わりに近づくと、樹木と新たな共生関係をつくる担子菌も現れた。現在の種でいえばマツタケだ。マツタケは、マツからの養分吸収は最小限にとどめ、植物側にも抗菌物質の分泌などを行い、相利共生とよばれるウィンウィンの道を切り開いた。

 マツタケのような種は、共生菌もしくは外根菌とよばれる。マツタケの人工栽培が極めて難しいのは、こうした担子菌とマツとの複雑な相互関係があるためであろう。

 ただし、マツなどは例外として、一般的に針葉樹にはキノコ(担子菌)は生えにくい。特にスギ林に生えるキノコは、広葉樹林に比べると非常に少ない。外根菌として担子菌以外の真菌類が優勢であることや、樹木自体に強い抗菌物質があることなどが原因とされる。

 そう考えると、真菌類を最大限活用する酒蔵で、杉玉を軒先に吊るすのは、他の菌類を寄せ付けない験担ぎの意味合いが元々あったのかもしれない。

 さて、主菜と酒の後はデザートがほしくなる。次回は、その「デザート」の登場である。

(第9話へつづく)

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る