あのカフェ満席? スマホで見る東京駅ナカの混雑度

グランスタで空席情報サービス「VACAN」が本格始動

2019.11.08(Fri)漆原 次郎
10月に開始したリアルタイム空席情報サービス「VACAN」の画面を見る東京駅利用客。「銀の鈴」広場にて。

 JR東京駅改札内にあるショッピングモール「グランスタ」で、カフェなど店舗の空席情報をリアルタイム表示で得ることのできるサービスが、2019年10月30日、本格始動した。改札内外5箇所の電子看板(デジタルサイネージ)や、スマートフォンなどのインターネット端末で逐一、各店の座席の空き状況が分かる。「VACAN(バカン)」というこのサービスが広まっていけば、駅利用客は「自分の場所」をよりスムーズに得られそうだ。店舗にとっても営業効率を高められる可能性がある。

電子看板とネット端末で「空席」などを表示

 電子看板の設置場所のひとつ「銀の鈴」広場では、ディスプレイの前に駅利用客が立ち、駅構内の地図を見ている。地図内には、サービス対象店舗が赤く示され、「デイジイ東京 空」「ブルディガラ エクスプレス 混雑」といった表示がされている。すこし時間が経つと「混雑」が「残席わずか」になるなど、刻一刻と表示が切り替わっていく。

電子看板に示された、座席の「空」の情報。
スマートフォンでの、グランスタ各店の座席空き状況の表示。
拡大画像表示

 駅利用者が得られる情報は、「空席あり」「残席わずか」「混雑」の3段階によるリアルタイムな座席の空き状況。外国人も把握できるよう、日本語で表示されてから数秒後には英語表示に変わり、その後また日本語表示に変わる。10月30日のサービス開始時点では、グランスタ内の「ブランジェ浅野屋」「ブルディガラ エクスプレス」「フェアリーケーキフェア」「デイジイ東京」の4店舗の空き状況を把握できる。

 また、電子看板を見なくとも、スマートフォンなどのインターネット端末があれば、手元で同じ情報を得ることができる。専用アプリなどのインストールは不要だ。

 サービス開始日、筆者はグランスタで実際スマートフォンを手にしつつ、4店舗で座席を覗いてみた。たしかに「混雑」のときは座席がほぼ埋まっており、「残席わずか」では空席がちらほら。「空席あり」では余裕で座れる状況となっていた。情報と状況の間に齟齬はない。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る