酒とキノコの味わいを生んだ、共生と寄生の分解者

生物進化を食べる(第8話)真菌類篇

2019.11.29(Fri)大平 万里

植物と“持ちつ持たれつ”の関係を築く

 日本酒の準備ができたところで、酒のお供にさらに進化した真菌類を食することにしよう。「キノコ」である。

 一般に「キノコ」とよばれるもののほとんどは「担子菌(たんしきん)」という仲間の真菌類である。担子菌は、胞子を出すときに「子実体(しじつたい)」とよばれる傘のような構造をつくり、その傘の内側に「担子器(たんしき)」という胞子を放出する器官をつくる。キノコの可食部は担子菌の子実体だったのである。

担子菌における子実体のつくり。
拡大画像表示

 担子菌の祖先は、約2億9000万年前の古生代ペルム紀初期には登場したと考えられている。

 担子菌が出現する前、真菌類は植物の細胞壁までも分解して、地上の枯死した植物の有機物の循環を促してきたが、どうしても分解できない化合物があった。第6話「シダ植物篇」でも登場したリグニンである。

 一方の担子菌は、このリグニンさえも分解できるように進化していったのである。それは古生代末の地層から石炭の産出が減少していくことにも表れている。すなわち、倒木した植物の分解が効率的に進み、石炭ができにくくなっていったのである。

 担子菌は、約1億4000万年前の中生代白亜紀前期から約5000万年前の新生代初期の間に、一気に多様化した。その時期は被子植物の出現や多様化とほぼ一致する。つまり、担子菌は植物の発展と密接に関わって進化してきたのだ。

 現在、リグニンを分解できる真菌類は「白色腐朽菌(はくしょくふきゅうきん)」とよばれている。日本の食には欠かせないシイタケは典型的な白色腐朽菌で、主に枯死したブナ科の木材を朽食する腐生菌である。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る