フロントラインプレスのプロフィール

フロントラインプレス

「誰も知らない世界を 誰もが知る世界に」を掲げる取材記者グループ(代表=高田昌幸・東京都市大学メディア情報学部教授)。2019年に合同会社を設立し、正式に発足。調査報道や手触り感のあるルポを軸に、新しいかたちでニュースを世に送り出す。取材記者や写真家、研究者ら約30人が参加。調査報道については主に「スローニュース」で、ルポや深掘り記事は主に「Yahoo!ニュース オリジナル特集」で発表。その他、東洋経済オンラインなど国内主要メディアでも記事を発表している。

https://frontlinepress.jp

フロントラインプレスの人気記事

最新記事

「呪術廻戦」、ダークファンタジーがなぜウケる?ギネス世界記録にも登録、24年中に完結予定も勢いが止まらない理由
フロントラインプレス2024.5.28
イラン大統領を決めるのは誰?ライシ師事故死で選挙へ、「強硬派推し」最高指導者ハメネイ師の影響力に国民の反発も
フロントラインプレス2024.5.28
1兆円規模のふるさと納税、アマゾン参入でさらに過熱へ…地方創生10年、「成長市場」になったが地方衰退は止まらず
フロントラインプレス2024.5.27
静岡県知事選の最大の焦点「リニア中央新幹線」、いったい何が問題か?巨額のコストや環境破壊…懸念を丸ごと解説
フロントラインプレス2024.5.25
検察が“証拠隠し”も…袴田事件で再審開始に40年超もかかった理不尽な理由、「開かずの扉」再審法の改正機運高まる
フロントラインプレス2024.5.22
緑の羽根、赤い羽根…政治家の左襟でなびく「羽根」の意味、「募金するならクラファン」の時代に羽根募金どうなる?
フロントラインプレス2024.5.21
反イスラエル学生デモが米国で燃え上がる理由、背景に深刻な分断 警官による排除にトランプ「見るも美しい光景」
西村 卓也 | フロントラインプレス2024.5.16
【為替介入を理解する】ビジネスや家計に大きな影響、円安・円高を誰がどうやって「操作」するのか
フロントラインプレス2024.5.13
【イスラエル・ハマス停戦交渉】仲介国の深い事情 エジプトはガザ難民の流入警戒、カタールはハマス幹部の活動拠点
フロントラインプレス2024.5.12
究極のAI兵器「LAWS」、起動したら人類滅亡へまっしぐらか 殺人ロボットに法的・道徳的・倫理的な判断は期待できず
フロントラインプレス2024.5.9
【小林製薬「紅麹」問題】機能性表示食品、民間任せで市場規模は10年で10倍以上 消費者庁は制度見直しに向け検討会
フロントラインプレス2024.5.8
イスラエルを守る「鉄の丸天井」アイアン・ドーム、脅威の命中率95%のミサイル迎撃システムに世界が注目する理由
フロントラインプレス2024.5.7
【プラットフォーム規制】日米欧当局がGAFAに宣戦布告、巨大ITは競争を歪め民主主義も脅かすか 攻防が本格化
フロントラインプレス2024.5.4
「休まない・休めない」日本の祝日、年間16日は多いのか G7や新興諸国と比較してみると…
フロントラインプレス2024.5.1
サッカー欧州No1を決める「UEFAチャンピオンズリーグ」、世界5億人の視聴者が熱狂する仕掛けとは
フロントラインプレス2024.4.30
衆議院補欠選挙でも問われる「1票の格差」 裏金事件の「政治とカネ」問題だけじゃない、もう一つの注目点
フロントラインプレス2024.4.27
日銀が買ったETF、いまやプライム市場全株式の時価総額の7% 世界に例のない中央銀行の株価下支えスキームの出口は
フロントラインプレス2024.4.24
「地元の川でのサケ漁は先住権」アイヌ民族の訴えはなぜ退けられたか 世界で広がる先住民の権利保障、日本は不十分
西村 卓也 | フロントラインプレス2024.4.22
「アメリカは大悪魔」イランが米国を敵視するワケ、革命防衛隊は軍事に加えて住宅や石油などビジネスで巨額利益も
フロントラインプレス2024.4.18
JR北海道で続く鉄道廃止、「経営安定基金」の見込み外れが招いた疲弊 今後3年で1000億円超の追加支援も打開策見えず
フロントラインプレス2024.4.17