西股 総生のプロフィール

城郭・戦国史研究家。1961年北海道生まれ・神奈川県在住。発掘調査員をへてフリーライター。日本考古学協会・城館史料学会・戦国史研究会会員。大河ドラマ『真田丸』『鎌倉殿の13人』で戦国軍事考証を担当。主著に『図説 戦う 日本の城 最新講座』(2017学研)、『戦国の軍隊』(2017角川ソフィア文庫)、『「城取り」の軍事学』(2018同)、『東国武将たちの戦国史』(2015河出書房新社)。著書・学術論文・雑誌記事なども多数。軍事的視点からの鋭い分析が持ち味だが、ビギナー向けの軽妙なトークも好評。

 

TEAMナワバリングのSNS・ブログにて情報を発信中。
Twitter:http://twitter.com/team_nawabaring
Facebook:http://www.facebook.com/teamnawabaring
Blog「人生竪堀」: http://ameblo.jp/team-nawabaring/

 

1からわかる日本の城』好評発売中!

『1からわかる日本の城』西股総生・著

JBpressで連載していた「教養として役立つ『日本の城』」に新稿を加えた書籍が発売となりました。城のことはよく知らないのだけれど、ちょっと気になる。どこをどう見たら面白いのか、よくわからない。そんなはじめて城に興味を持った人や、もっとよく知りたい人へ、城の面白さや、城歩きの楽しさをお伝えします。 発行:JBpress 発売:ワニブックス

西股 総生の人気記事

最新記事

なぜ秀吉は備中高松城を水攻めしたのか?
西股 総生2024.3.23
不思議でも何でもなかった、秀吉の「中国大返し」
西股 総生2024.3.23
続・「旧式レンズ」で城を撮ってみると…小諸城・上田城・松本城もよりノスタルジックに
西股 総生2024.3.20
「旧式レンズ」で城を撮ってみると…最新レンズにはない「味」が出る!?
西股 総生2024.3.20
続・城を撮るのに最適な画角レンズは?まずは「35mm」と「50mm」の単焦点レンズを使いこなす
西股 総生2024.3.13
城を撮るのに最適な画角レンズは?広角レンズと望遠レンズの違いと撮り方
西股 総生2024.3.13
現代とは対照的?猫は紐付き、犬は放し飼いだった平安時代の猫と犬事情
西股 総生2024.3.11
東日本大震災で被災した白河小峰城の「石垣」に宿る魅力、コンパクトながら凝った造りの平山城
西股 総生2024.3.8
地方都市のなかった平安社会、なぜ「国府」は発展しなかったのか?国衙などの施設が廃絶していった実態
西股 総生2024.3.4
今は対岸に魔法のお城がある「練馬城」、上杉氏が築いたかもしれない城跡…まだまだある東京23区の城
西股 総生2024.2.28
『光る君へ』の参考にもなる、改めて読みたい芥川龍之介の「王朝もの」の魅力
西股 総生2024.2.26
豊臣秀吉の野望が眠る「肥前名護屋城」歩くとわかる、急速に廃墟になった理由
西股 総生2024.2.16
平安貴族の収入源とは?彼らの栄華を可能にした“中央集権システム”の本質
西股 総生2024.2.12
名城でなくても一度は行きたい唐津城の魅力「模擬」でも美しい天守は必見
西股 総生2024.2.9
50mm標準レンズで江戸城をかっこよく撮るなら…構図探し、あえて絞りを開ける
西股 総生2024.1.27
城の写真をうまく撮る方法、50mm標準レンズで日本最大最強の城を撮影してみた
西股 総生2024.1.26
『光る君へ』で話題、平安貴族にお金持ちはいなかった…という意外な事実
西股 総生2024.1.22
江戸から下総・常陸へ抜ける重要な要衝地、争奪戦の対象となった平城・葛西城
西股 総生2024.1.20
桜の季節だけじゃない、冬だからこそ訪れたい雪国の名城「高田城」の魅力
西股 総生2024.1.3
「いくさのない世」は共感を得るのか?戦国大河ドラマにおける主人公の難しさ
西股 総生2023.12.30