河合 達郎のプロフィール

河合 達郎(かわい・たつろう)

一般社団法人「山学」(やまなび)代表理事。1987年生まれ、岐阜市出身。2010年、朝日新聞社入社。横浜、長崎、大分の各地方勤務を経て、東京・政治部。首相官邸、自民党、野党など担当。2021年春に退社、岐阜県本巣市の「地域おこし協力隊」に。2024年3月に一般社団法人山学を設立。中山間地での学習支援に取り組む。2024年3月より、朝日新聞岐阜県版でコラム「無人駅から」を連載中。

河合 達郎の人気記事

最新記事

【滋賀県知事に聞く】「交通税」の行方は?日常に“マイカー以外”の選択肢を
土井 勉 | 河合 達郎2024.1.31
【滋賀県知事に聞く】近江鉄道「存続後」ダイヤ、運賃、ICカード…どうなる?
土井 勉 | 河合 達郎2024.1.30
【滋賀県知事に聞く】近江鉄道「存続」の舞台裏、溝と温度差どう乗り越えた?
土井 勉 | 河合 達郎2024.1.29
大阪万博への“日帰りバス遠足”はムリ?2024年問題が及ぼす近場観光への影響
河合 達郎2024.1.28
「平均給与500万円超」運転手200人の“宇宙一マジ”な採用計画はどうなった?
河合 達郎2024.1.27
ローカル線廃線跡、そのまま残した駅舎とレールに人が訪れるようになったワケ
河合 達郎2024.1.8
廃止に向かうローカル線を黒字転換、“ドン・キホーテ”と言われた市長の発想
河合 達郎2023.12.29
近江鉄道「何でICOCAで乗れへんの?」「従来と数字違う!」未来への丁々発止
土井 勉 | 河合 達郎2023.10.28
ローカル線廃線跡、そのまま残した駅舎とレールに人が訪れるようになったワケ
河合 達郎2023.5.4
ローカル線「廃線後」をどう生かす? 危機を好機に変えた地域に学ぶべきこと
河合 達郎2023.4.29
「解散総選挙は年内の可能性」自民党のネット選挙を支えた現職区議の見立て
河合 達郎 | 篠原 匡2023.3.22
何がバズり、叩かれ、票になるのか、選挙のプロが語るネット選挙解禁後の10年
河合 達郎 | 篠原 匡2023.3.21
廃止に向かうローカル線を黒字転換、“ドン・キホーテ”と言われた市長の発想
河合 達郎2023.2.25
“移住失敗”の村となった別子山、再び「よそ者」を受け入れるのに必要なこと
河合 達郎2023.2.8
秋にも激変期へ、赤字ローカル線「廃止か存続か」で泥沼化する前にすべきこと
河合 達郎2023.1.9
楽天トップ「富裕層減税」提言が映す、“エリート”とノンエリートの利益相反
河合 達郎2022.12.29
「1億円の壁」論争、楽天トップ「富裕層への増税反対」が庶民の腹に落ちぬ訳
河合 達郎2022.12.28
予想難易度は「来年の有馬記念」並み!?トランプの対抗馬とバイデンの後釜
河合 達郎2022.11.22
「最大のルーザーはトランプ」で、「メシウマ」共和党本流が抱えるジレンマ
河合 達郎2022.11.21
どっちに転んでもバイデン政権は弱くなる、中間選挙後に待つ大統領の出処進退
河合 達郎2022.10.28