柳原 三佳のプロフィール

京都市生まれ。ノンフィクション作家、ジャーナリスト。雑誌編集記者を経てフリーになり、主婦業・子育てをしながら、交通事故、司法問題等をテーマに取材・執筆、書籍出版を重ね、講演、テレビ、ラジオへの出演もおこなう。「週刊朝日」等に連載した告発ルポは自賠責や自動車保険査定制度の大改定のきっかけとなる。主な著書に、『開成をつくった男、佐野鼎』『私は虐待していない――検証 揺さぶられっ子症候群』(講談社)、『自動車保険の落とし穴』(朝日新書)、『家族のもとへ、あなたを帰す 東日本大震災犠牲者約1万9000名、歯科医師たちの身元究明』(WAVE出版)、『遺品 あなたを失った代わりに』(晶文社)などがある。また児童向けノンフィクションとして、『柴犬マイちゃんへの手紙――無謀運転でふたりの男の子を失った家族と愛犬の物語』『泥だらけのカルテ――家族のもとに遺体を帰しつづける歯科医が見たものは?』(講談社)がある。なお、『示談交渉人 裏ファイル』(共著、角川文庫)はTBS系でドラマシリーズ化、『巻子の言霊――愛と命を紡いだ、ある夫婦の物語』(講談社)はNHKでドラマ化された。著者ホームページ https://www.mika-y.com/

柳原 三佳の人気記事

最新記事

幕末の武士が米国で目撃した「空を飛ぶ船」の報告記
柳原 三佳2020.6.24
あおり運転厳罰化、日本中が嘆いたあの事故の教訓も
柳原 三佳2020.6.10
伝染病対策の原点、明治初期の「コレラ感染届出書」
柳原 三佳2020.5.25
遺族も警鐘、コロナ禍で「悪質交通事故」が急増中
柳原 三佳2020.5.12
感染症が猛威振るったハワイで患者に人生捧げた神父
柳原 三佳2020.5.1
愛息に種痘を試し、感染症から藩民救った幕末の医師
柳原 三佳2020.4.14
セントラル・パークの「野戦病院化」を予測した武士
柳原 三佳2020.4.3
コロナ対策に尽力「理化学研究所」と佐野鼎の接点
柳原 三佳2020.3.21
知らないと損、新型コロナによる車まわりの特例措置
柳原 三佳2020.3.18
幕末の日本も経験した「大地震後のパンデミック」
柳原 三佳2020.3.15
あの日から9年、不明者の身元確認に奮闘する歯科医
柳原 三佳2020.3.11
パナソニックから独立、障害者支援機器にかける思い
柳原 三佳2020.3.8
「黄熱病」の死体を運び続けたアメリカの大富豪
柳原 三佳2020.3.3
幕末、感染症に「隔離」政策で挑んだ医師・関寛斎
柳原 三佳2020.2.26
幕末の侍が経験した「病と隣り合わせ」の決死の船旅
柳原 三佳2020.2.21
相次ぐ逆転無罪、「揺さぶられっ子症候群」妄信の罪
柳原 三佳2020.2.21
明治初期、中国経由の伝染病が起こしたパンデミック
柳原 三佳2020.1.31
警察情報タレ流しで「実名・顔出し」に励む報道の罪
柳原 三佳2020.1.21
幕末、遣米使節が視察した東大設立の原点
柳原 三佳2020.1.18
日本人の大航海、160年前の咸臨丸から始まった
柳原 三佳2020.1.13