柳原 三佳のプロフィール

京都市生まれ。ノンフィクション作家、ジャーナリスト。雑誌編集記者を経てフリーになり、主婦業・子育てをしながら、交通事故、司法問題等をテーマに取材・執筆、書籍出版を重ね、講演、テレビ、ラジオへの出演もおこなう。「週刊朝日」等に連載した告発ルポは自賠責や自動車保険査定制度の大改定のきっかけとなる。主な著書に、『開成をつくった男、佐野鼎』『私は虐待していない――検証 揺さぶられっ子症候群』(講談社)、『自動車保険の落とし穴』(朝日新書)、『家族のもとへ、あなたを帰す 東日本大震災犠牲者約1万9000名、歯科医師たちの身元究明』(WAVE出版)、『遺品 あなたを失った代わりに』(晶文社)などがある。また児童向けノンフィクションとして、『柴犬マイちゃんへの手紙――無謀運転でふたりの男の子を失った家族と愛犬の物語』『泥だらけのカルテ――家族のもとに遺体を帰しつづける歯科医が見たものは?』(講談社)がある。なお、『示談交渉人 裏ファイル』(共著、角川文庫)はTBS系でドラマシリーズ化、『巻子の言霊――愛と命を紡いだ、ある夫婦の物語』(講談社)はNHKでドラマ化された。著者ホームページ https://www.mika-y.com/

柳原 三佳の人気記事

最新記事

24秒に1人、誰にでもある交通死亡事故の当事者になる可能性
柳原 三佳2021.11.20
「青信号で横断した娘がなぜ」愛娘の遺体と撮った最後の家族写真
柳原 三佳2021.11.15
「開成」創立者・佐野鼎の顕彰碑が富士市に建立
柳原 三佳2021.10.22
死亡事故を起こしたら――あなたの知らない「交通刑務所」の生活
柳原 三佳2021.10.11
大型バイクで死亡事故、加害者が任意保険に未加入だったら
柳原 三佳2021.10.5
法医学者が指摘、パンデミック下で「変死体の解剖」が肝要な理由
柳原 三佳2021.9.17
「虐待で逮捕」転んで頭を打ったわが子を受診させただけなのに
柳原 三佳2021.8.25
川に沈んでいた愛息、なぜ県警は「解剖しても無駄」と告げたのか
柳原 三佳2021.8.19
また無罪確定、完全に崩れた「揺さぶられっ子症候群」事件の虚構
柳原 三佳2021.7.5
『青天を衝け』に登場の英公使パークス、七尾でも開港迫っていた
柳原 三佳2021.6.26
大河『青天を衝け』が描き切れなかった「天狗党」征伐の悲劇
柳原 三佳2021.6.19
幕末に初めて蛇口をひねった日本人、驚きつつも記した冷静な分析
柳原 三佳2021.6.13
「障害あっても努力家だった娘の人生、なぜそんなに軽んじる」
柳原 三佳2021.6.9
今年も東大合格首位の開成、富士市と協定結んだ理由
柳原 三佳2021.4.20
渋沢栄一と上野に散った彰義隊、その意外な関係
柳原 三佳2021.2.20
加害者の嘘を暴いた「カーナビ」に残った走行データ
柳原 三佳2021.1.21
江戸で流行のコレラから民を守ったヤマサ醤油七代目
柳原 三佳2021.1.13
犯行の痕跡ない殺害遺体、鑑識係はどう見抜くのか
柳原 三佳2020.12.29
「はやぶさ2」の快挙に思う、幕末に訪米した侍の志
柳原 三佳2020.12.8
江戸末期、米国で初めて将棋を指してみせた日本人
柳原 三佳2020.11.18