“海の勝ち組”クジラが天敵・人類に狙われた理由

生物進化を食べる(第10話)哺乳類・クジラ篇

2020.01.31(Fri)大平 万里

 しかし、なぜクジラのような巨大な生物が海洋に存在できるのだろうか。もともと水生であった魚類などが巨大化するのは分かる。しかし、クジラは陸に上がった脊椎動物の末裔なのである。

 この疑問を解くために、哺乳類の歴史を紐解くことにしよう。

恐竜時代の哺乳類は夜行性の小動物

現在見つかっている中で最古の哺乳類とされるアデロバシレウス。(©️ N. Tamura)

 哺乳類の祖先はおよそ2億年前、中生代の三畳紀までさかのぼる。「アデロバシレウス」という種で、一見するとネズミのような外観だが、化石が少ないためはっきりした生態は分からない。

 現生の動物で、最も原始的な哺乳類の姿をとどめているのがカモノハシである。カモノハシは卵を産むにもかかわらず、体から染み出てくる乳を子に飲ませて育てる。カモノハシの祖先は1億年前までさかのぼることができ、このころから「少なく産んで大事に育てる」という哺乳類共通の繁殖様式を徐々に獲得していたことがうかがえる。

カモノハシ。オーストラリア東部・タスマニアに分布している。カモノハシなどの原始的な哺乳類は「単孔類」とよばれる。

 しかし、三畳紀以降に大きく台頭してきたのは恐竜であった。恐竜は陸、海、空とあらゆる環境へと多様に分化し、ジュラ紀から白亜紀にかけて大繁栄する。その間、哺乳類は一部を除けば大型化することはほとんどなく、恐竜の影で暮らす夜行性の小動物であったと考えられている。多くの爬虫類や鳥類には4種類の色覚細胞があるにもかわらず、霊長類を除く哺乳類には2種類の色覚細胞しかない。これは、この夜行性の時代が長かったためと考えられている。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る