動けない植物がとった「動物を利用する」繁殖戦略

生物進化を食べる(第9話)被子植物と果実篇

2019.12.27(Fri)大平 万里

 種子拡散の観点からいうと、果実の運搬の担い手は昆虫というよりも鳥類および哺乳類である。果実をまるごと食べてもらわないと「種子の拡散」という目的は達成しないので、それなりのサイズの動物である必要があるわけだ。

 いわゆるヒトが食用とする果物は、大雑把な分類でいうとバラの仲間が非常に多い。具体的には、モモ、リンゴ、ウメ、柑橘類、それにイチゴなどである。これらは白亜紀末に急速に多様化して現在に至っているらしい。さらに、ヒトはそれら植物の品種改良を繰り返し、より可食部の多い果実をつくり出してきた。これは植物側からすれば不利な関係を強いられているといえる。

モモの果肉と種子。

 しかし、現代社会の世界規模の果実の流通を考えれば、野生の動物に食べられるよりも広範囲に種子が拡散しているわけだから、結果的には植物にとって有利な面もあるともいえるだろう。

 ともあれ、このように数億年かけて獲得してきた植物の生存戦略のおかげで、私たちは食後のデザートを楽しむことができる。そして、ヒトはせっかく消化されずに残った動物の糞の中の種子までも利用するようになり、植物との新たな攻防を繰り広げているのである。

 さて、次回はがらりと変わって「海の王者」ともえる動物の話である。

第10話へつづく)

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る