動物が本格的に陸上に進出した3億8000万年前の古生代デボン紀ごろは、「動物は食べる側」「植物は食べられる側」という固定的な関係性であったと考えられている。しかしながら、植物も黙って食べられるばかりではなかった。