動けない植物がとった「動物を利用する」繁殖戦略

生物進化を食べる(第9話)被子植物と果実篇

2019.12.27(Fri)大平 万里

果肉は目立たせ、種子は強固に

 さて、受粉が完了すればやがて種子ができる。種子もできるだけ広範囲に拡散させたいのが植物としての本音であろう。いま生えている場所がいつまでも安定してあるとは限らない。植物は危なくなっても自分で移動することはできないから、保険はかけておくに限る。

 種子散布にはいくつかタイプがある。まずタンポポのように、種子を風によって飛ばす方策をとる植物がいる。タンポポの場合、種子部分はかなり小型化されており、より遠くへ飛ぶように軽い綿毛が装着されている。

タンポポの種子が風に吹かれて飛んでいくところ。

 そして、花粉のみならず種子まで動物に運んでもらう「装置」を発達させた植物が、進化の過程で現れた。その装置とは「果実」である。

 一口に果実といってもさまざまなタイプがあるが、共通しているのは動物に食べてもらうように進化してきたということである。花と同じで、より目立つ色や形、そして強烈な香りをつけ、花の周辺の器官を肥大化させた果肉をつくる。果肉は糖分をたっぷり含んでいることが多く、生のまま食べることができる。そして、種子自体を消化されてしまわないよう、しっかり強固な構造にすることは怠らない。

 こうして、植物は「動物に食べてもらう器官を意図的につくる」という大胆な戦略に打って出たのである。果実ができたことによって、動物と植物との関係性はさらに複雑になっていく。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る