◆特別公開中◆
本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

 

 集金額に上限はないが有権者が出せる上限額は決まっている。

 予備選時で2700ドル(約30万円)、本選挙でさらに2700ドル、合計5400ドルだ。夫婦であれば日本円で計120万円ということになる。

現時点での再選確立は75%

 トランプはこうしてカネ集めを先行させているが、まだ公式に再選を宣言してはいない。

 米選挙は資金集めも自由であれば、出馬宣言の時期も決まっていない。いつ出馬を発表しようが自由である。

 ただトランプが再選宣言をするのは、何人かの民主党候補が出馬宣言をした後になるだろう。

 現職大統領は慌てる必要がないし、再選を目指すと公表すると日々の公務よりも選挙に重心が移ってしまう傾向があるため、遅くても構わない。

 現時点でのトランプの再選可能性をあえて記すと75%だろう。現職大統領は歴史的にみても、多角的に複数の状況を判断しても有利なのだ。

 まず選挙資金が集まりやすい。すでに記したように、現段階で130億円である。