宮崎 園子のプロフィール

広島在住フリーランス記者。1977年、広島県生まれ。育ちは香港、米国、東京など。慶應義塾大学卒業後、金融機関勤務を経て2002年、朝日新聞社入社。神戸、大阪、広島で記者として勤務後、2021年7月に退社。小学生2人を育てながら、取材・執筆活動を続けている。『「個」のひろしま 被爆者 岡田恵美子の生涯』(西日本出版社)で、2022年第28回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。

宮崎 園子の人気記事

最新記事

これって報道?権力と馴れ合い「広報係」に徹する記者クラブの“作法”が政治の劣化と暴走を助長する
宮崎 園子2024.7.6
G7サミット開催の「事実」アピールに執心の広島市、核抑止論に利用された痛恨の現実は直視せず
宮崎 園子2024.6.6
広島市の学童の弁当サービスは3月末で強制終了?!「人事異動」理由に子どもの春休みをぶった斬るオトナたち
宮崎 園子2024.5.6
500年後には日本人全員が「佐藤さん」に、国民の8割超が賛成の選択的夫婦別姓を政府が認めなければ
宮崎 園子2024.4.6
男性特権を批判する自分が、自身が持つ「特権」に気づいて見えてきたこと
宮崎 園子2024.3.6
全国で最も人口が流出している広島のまちに何が足りないのか
宮崎 園子2024.2.6
「震度7から29年後のまち」神戸市長田区で、能登半島の今後を想う
宮崎 園子2024.1.6
「選挙に取り憑かれた男」畠山理仁はなぜ泡沫候補に温かい眼差しを向けるのか
宮崎 園子2023.12.6
若者の声聞かずして「未来志向」「若い世代ため」とすぐ口にするこの国の欺瞞
宮崎 園子2023.11.6
サクサク進む市議会、ダラダラ公開されぬ議事録、市民の「知る権利」軽視では
宮崎 園子2023.10.6
「一つのことにまっしぐら」という“部活文化”、日本の美徳か硬直性の象徴か
宮崎 園子2023.9.6
8月6日の広島の式典、なぜ毎年、総理の言葉は空々しく響くのか
宮崎 園子2023.8.6
広島市の図書館の移転問題、開示請求で出てきた黒塗り文書から「見えるもの」
宮崎 園子2023.7.6
結局G7サミットは「被爆地」の名を借りた岸田首相のための政治ショーだった
宮崎 園子2023.6.6
G7サミット目前だが叫ばずにいられない「広島を政治ショーの舞台にするな」
宮崎 園子2023.5.6
型通りのギョーカイ選挙報道よりよほど有用「劇場版センキョナンデス」
宮崎 園子2023.4.6
新聞記者を辞めてよくわかった、新聞が読者の「知りたい」に応えられない理由
宮崎 園子2023.3.6
トヨタが社長人事を「トヨタイムズ」で発表した意味、報道機関は理解したか
宮崎 園子2023.2.6
拝啓 岸田文雄様 あなたにとって広島とはなんですか
宮崎 園子2023.1.6
【どーしょーるん】それは、なんのためのマスクだったのか
宮崎 園子2022.12.6