建築家・隈研吾氏(写真:宮沢洋)

日本の建築史上、最もお茶の間に浸透した建築家、隈研吾氏。その人気の背景には、ビジネスにも通じるヒントがある──。書籍『隈研吾建築図鑑』を執筆した元建築雑誌記者で現在は画文家の宮沢洋氏が、「隈研吾ブレイクの理由」を5回にわたって読み解く。(JBpress)

第1回●周回遅れの逆境が隈研吾を国民的建築家に押し上げた
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65115
第2回●丹下、黒川とは全く異なる隈研吾のコスパ感覚
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65116

第3回●じわりと依頼主の信頼を得る隈研吾の高度なコミュ力
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65172

第4回●低予算でも爪痕を残す隈研吾流ゆるふわブランド術
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65173

 今、一般の人が最もメディアで顔を見る建築家は、隈研吾氏であると思う。隈研吾建築都市設計事務所の主宰者で、東京大学特別教授。1954年生まれの66歳だ。日本には“建築界のノーベル賞”と呼ばれる「プリツカー賞」を受賞した現役建築家が7人いるが(槇文彦、安藤忠雄、妹島和世、西沢立衛、伊東豊雄、坂茂、磯崎新の各氏)、隈氏はこの賞をまだもらっていない。それでも、茶の間への浸透度では安藤忠雄氏と同列か、ここ数年に限れば隈氏が上ではないか。

 一般の人の認知度がぐんと上がるきっかけになったのは2019年末に完成した「国立競技場」だろう。これは隈氏が単独で設計したものではなく、「大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体」という混成チームでの設計だが、メディア上では隈氏が登場する機会が多く、顔と名が売れた。

国立競技場(東京都新宿区)外観(記事中イラストはすべて宮沢洋、『隈研吾建築図鑑』用に作成したもの)

※ 本記事に含まれているイラストが配信先のサイトで表示されない場合は、こちらでご覧ください。https://jbpress.ismedia.jp/articles/gallery/65115?photo=2

国立から居酒屋まで仕事を選ばず

 そして、国立競技場によって「国」を代表する建築家となったにもかかわらず、隈氏は依然として地方都市の小さな建物を数多く設計している。居酒屋だって設計してしまう。建築家としての活動約35年間で、プロジェクト数は1000の大台に近づこうとしている(未完成や仮設のパビリオンなども含む)。仕事を選ばない建築家──。そこが、先に挙げた著名建築家たちと大きく異なるところだ。