殻が固い鶏の卵は、恐竜から受け継いだものだった

生物進化を食べる(第7話)鳥類篇

2019.10.25(Fri)大平 万里

原始的な鳥は動物園に、しかも美味

エミューとその卵。ヒクイドリ目エミュー科の鳥。

 とはいっても、中生代が終わってからずいぶんと時が経ってしまったので、鶏から恐竜を想像するのは難しいかもしれない。そんなときは動物園に行こう。より原始的な形質を残す鳥、エミューに会いに行くのである。

 エミューはオーストラリアに棲息する鳥で、ダチョウなど同じ走鳥類の仲間だ。その祖先はなんと中生代末期には分岐したと考えられている。その精悍な顔つきと3本の鋭い爪は、恐竜を彷彿とさせるに十分である。しかも卵はかなり大きく深緑色で、これまた恐竜の卵のようだ。

 食の観点でいえば、エミューは卵も肉も美味しいのである。こういった“進化の証人”の食材があるなら、「賞味するなら鳥が先か卵が先か」のほうが気になってくる。もちろん、「親子丼にする」という解決策もあるが、エミューで試したことがないのでどうなるかは分からない。

 さて、地球環境は動物だけでは維持できない。事後処理をしてくれる生物も必要である。いわゆる分解者だ。次回は、その分解者の活躍を紹介しよう。

第8話へつづく)

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る