北村 淳のプロフィール

軍事社会学者。東京生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。警視庁公安部勤務後、平成元年に北米に渡る。ハワイ大学ならびにブリティッシュ・コロンビア大学で助手・講師等を務め、戦争発生メカニズムの研究によってブリティッシュ・コロンビア大学でPh.D.(政治社会学博士)取得。専攻は軍事社会学・海軍戦略論・国家論。米シンクタンクで海軍アドバイザーなどを務める。現在安全保障戦略コンサルタントとしてシアトル在住。日本語著書に『アメリカ海兵隊のドクトリン』(芙蓉書房)、『米軍の見た自衛隊の実力』(宝島社)、『写真で見るトモダチ作戦』(並木書房)、『海兵隊とオスプレイ』(並木書房)、『巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない』(講談社)『トランプと自衛隊の対中軍事戦略』(講談社)『シミュレーション日本降伏:中国から南西諸島を守る「島嶼防衛の鉄則」』(PHP研究所)などがある。

北村 淳の人気記事

最新記事

グアムにイージス・アショアを配備する米海軍の本音
北村 淳2020.7.30
強襲揚陸艦火災でさらなる打撃、米海軍弱体化の現実
北村 淳2020.7.23
米国が一線越えの果たし状、風雲急を告げる南シナ海
北村 淳2020.7.16
イージス艦の追加建造案が大間違いの愚策である理由
北村 淳2020.7.9
国民を弾道ミサイルから守る気がなかった日本政府
北村 淳2020.7.2
地上イージス配備停止で露呈した戦略なき国防の実態
北村 淳2020.6.25
マティス大将がトランプに激怒、これほど怒る原因は
北村 淳2020.6.18
中国の違法な海砂採取船、ついに台湾に拿捕される
北村 淳2020.6.11
迫りつつある中国による南シナ海「防空識別圏」設定
北村 淳2020.6.4
中国空母と米軍原潜、対決の場になる南シナ海
北村 淳2020.5.28
宮古島の陸自ミサイル部隊強化が今こそ必要な理由
北村 淳2020.5.21
動き始めた中国、手を打たなければ尖閣は盗られる
北村 淳2020.5.14
劣勢のなか中国を牽制、FONOPに効果はあるのか
北村 淳2020.5.7
苦境の米艦隊を支援する豪州、我関せずの日本
北村 淳2020.4.30
経済より安全を、リムパック反対に転じたハワイ州
北村 淳2020.4.23
米軍コロナ禍、その隙に台湾を恫喝する中国の卑劣さ
北村 淳2020.4.16
米空母「コロナ感染」でチャンス到来の中国海軍
北村 淳2020.4.9
他人とは2メートル、米軍の新型コロナとの戦い方
北村 淳2020.4.2
世界の苦悶をよそに海洋覇権の拡張を図る中国の蛮行
北村 淳2020.3.26
羅援将軍が歯ぎしり、台湾の感染症対策を世界が評価
北村 淳2020.3.19