工場作業と草刈りが本業

 Fさんはもちろんライバーで食べているわけではない。ライバーの投げ銭で入る収入は、月500円にもならない。

「生活は苦しいよ。最近は油が高いよね。お金がかかるから外食はしない。自炊しているけれども、節約のために1日3食から2食に減らしている。金がかかるから酒もやめた」

 年金を受給しているが、受給額は教えてくれなかった。人に言えるような金額ではないという。

 派遣会社に登録し、工場や倉庫の日雇いで働いたり、シルバー人材センターを通じて草刈りや庭木の伐採などの仕事もしている。しかし、こうした仕事の話を聞こうとすると、彼は不機嫌になった。

「まあ、そういう仕事もやっているけど、今その話は関係ないでしょ。自分としては、ごにょごにょ……」

 あきらめてライバーの話を振ると、イキイキと語りだす。あくまでもFさんの本業は、ライバーなのである。

 60歳までは半導体の工場や内装工事、訪問販売などさまざまな仕事を経験してきた。正社員だった期間は短く、これまで6年以上続いた仕事はないそうだ。

 Fさんのように、仕事を転々としてきた人ほど年金額は少なくなりがちで、60歳を過ぎてからの仕事も安定しないケースが多い。

 筆者の予想だが、Fさんの収入は年金とバイト代を合わせても、月15万円もないのではないか。家賃や光熱費、食費などを支払うと、余裕はないだろう。

 現在、派遣会社が紹介してくれる仕事は肉体労働ばかりで、体力的に厳しいと感じている。Fさんは自宅でも気軽にできると考えて、ライバーをやってみようと思ったそうだ。

「ネットの『ライバー募集』みたいな求人に応募すると、別のサイトに誘導されて『研修費として30万円払って下さい、いずれは月100万円は稼げます』みたいな話ばっかりだよね。まるで詐欺だよ」

 いつだって詐欺のターゲットになるのは、お金に困り、お金を求める人である。