さらに、中東シリアへも軍事介入し、影響力を拡大しようとしている。

 欧州では、ロシアの次のターゲットは、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国の奪還ではないかと懸念されている。

 その意味で、ベラルーシは、北のバルト3国、西のポーランド、南のウクライナに対し有形無形の圧力をかけられる位置にあることから、ロシアにとっての戦略的価値は極めて高い。

 そのため、原油供給や「ベラルーシ・ロシア連合国家創設条約」を通じてベラルーシとの国家統合を強めようとしているのである。

 これをアジア太平洋地域に当てはめ、対称的に眺めると、ロシアにとっての緩衝地帯の確保あるいは勢力圏の維持は、中国にとっての第1列島線の占領確保に、ベラルーシとの国家連合は台湾統一に相当すると見ることも可能である。

 ロシアの地政学上の方向は、強いロシアの再興を目標に、旧勢力圏の確保あるいは旧ソ連圏の再結集を図ろうとするものと考えられる。

 しかし、国民総生産(GDP)世界第12位と低迷する経済に加え、対外手段を石油・天然ガスと軍事力に限られている現状から、戦略的にはむしろ守勢と見ることができよう。

 一方、中国は、中国の夢としての「中華民族の偉大な復興」を掲げ、アジア太平洋地域からグローバルに勢力圏を拡大し世界制覇を目指す独善的な覇権主義を展開としている。

 強大化した経済力と軍事力を背景として、戦略的攻勢に出ていることは明らかであり、欧州正面のロシアとは比較にならない世界的な脅威となっている。