トヨタe-4meは、未来の「ちょっと贅沢な一人乗りモビリティ」で、移動時間を利用して好きなこと・人目を気にせず色々なサービスを楽しむことができる。

【写真4】:ちょっと贅沢な一人乗りモビリティ トヨタe-4me(東京モーターショー2019で筆者撮影

 豊田章男社長は、未来のモビリティ社会を、プレスカンファレンスで次の様に述べている。

「e-Paletteのような、みんなで共有するモビリティが馬車なら、e-RACERのような個人で所有するモビリティは愛馬ということになります。未来のモビリティ社会は、馬車と愛馬が共存する社会になるのではないでしょうか」

【写真5】:トヨタ e-RACER(東京モーターショー2019で筆者撮影)

 単に自動車を製造しているだけでは、次世代技術「CASE」の大波の中で、巨大IT企業に太刀打ちできなくなる。むしろ自動車メーカーの側から、未来のモビリティ社会を提案し、IT企業をも巻き込んでいこうという気概がうかがえる展示だった。

日産は電気自動車「モジュール化戦略」刷新へ

 日本において電気自動車で先行する日産は、今回のモーターショーで電動SUV「アリア コンセプト」を世界初公開した。このクルマは、市販化計画もある。車両の前後に高出力のモーターを搭載し、前輪と後輪をそれぞれ駆動する「ツインモーター4WD制御システム」を採用している。

 詳細仕様については公表されていないが、駆動用バッテリーは、リーフが座席下に配置するのとは異なり、フロア下に配置するフラットな形状にすることで大容量化が可能になる。これは、電気自動車「モジュール化戦略」を刷新し、コスト削減と性能改善の可能性を秘めており、大いに期待される。

【写真6】:日産の電気自動車「アリア コンセプト」(東京モーターショー2019で筆者撮影)

 また、軽自動車規格のEVコンセプト「ニッサン IMk」を世界初公開した。運転支援技術「プロパイロット2.0」を進化させて搭載している。日産は、EVのラインナップを軽自動車にまで拡大する計画だ。

【写真7】:日産の軽自動車規格EVコンセプト「ニッサン IMk」(東京モーターショー2019で筆者撮影)