後を引く美味! シンガポールの“魚の頭”カレー

世界に広がる「フィッシュヘッド」の食文化

2019.04.05(Fri)佐藤 成美

シンガポール人は魚の頭がお好き

シンガポールのホーカーズ(フードコート)には「魚頭米粉」など魚の頭を具材にした料理のメニューが掲げられている。「ニュートン・フードセンター」にて。

 シンガポールではフードコートのことを「ホーカーズ」とよぶ。立ち寄ったホーカーズでは、フィッシュヘッドカレーの看板を見かけた。残念ながら店が閉まっていてどんなカレーか分からなかったが、おそらくフィッシュヘッドカレーの発展形だろう。

 また、潮州料理の屋台に「魚頭米粉」という料理を見つけた。潮州料理は中国の広東省あたりで食べられている料理で、シンガポールでもポピュラーだ。海産物を多く使う料理だが、魚頭米粉はシンガポールでしか食べられていない。大きな魚の頭を油で揚げ、煮込んだスープにビーフンが入っている。

 シンガポールには「フィッシュヘッド・スチームボート」という名物料理もある。これは揚げた魚の頭の入った鍋物だ。魚の頭からたくさんの「だし」が出ておいしいらしい。

 なんと、シンガポール人の魚の頭の好きなことか。市場では魚は切り身か丸ごとで売られていた。魚の頭は別で売られているそうだ。魚の頭としてよく使われるのは、タイのほか、レッドスナッパーなどスズキ目の魚である。

シンガポールの市場「チョンバルマーケット」で売られている魚。
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る