「眠いけれど食べたい体」で起きているホルモン変化

睡眠不足と食欲の関係を探る(後篇)

2017.11.17(Fri)漆原 次郎

――どのような結果が得られたのですか?

有竹 被験者には、10時台、13時台、16時台、19時台の1日4回、各40分、エルゴメーターを漕ぐ運動をしてもらいました。これは、代謝機能に影響を与える程度の運動です。

 実験の結果、深い睡眠時に現れる「徐波睡眠」の時間帯が増えました。脳波測定でも徐波睡眠の成分が有意に増えていました。

 また、よく眠れるときは、入眠時に体温がよく下がると一般的に言われますが、今回の実験では運動後、かえって体温が高止まりの状態になっていたのです。まだ解明の余地がありますが、興味深い結果となりました。今後は、運動後の代謝の変化や食行動との関係なども見ていくと、知見の幅がより広がっていくと考えています。

可能な限り睡眠時間の確保を

――これまでの研究成果などを踏まえて、睡眠不足の人たちに肥満リスクへの対処についてアドバイスをお願いします。

有竹 食欲や肥満リスクに影響を与えるホルモンは目に見えるものではありませんし、「いまレプチンが分泌されている」とか「いまPYYの分泌が抑制されている」とかいったことは感じられません。逆にいえば、自覚しないうちに体内でこうした現象が生じていることになります。

 これまでの疫学研究データや実験データを含めて考えると、長期的に睡眠時間が短いことは、間違いなく体に影響を及ぼします。日常的に睡眠が削られている方々も多いとは思いますが、可能な限り睡眠時間を確保することが重要だと思います。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る