(写真:宮沢洋、以下同)

(宮沢 洋:BUNGA NET編集長、編集者、画文家)

「南三陸町東日本大震災伝承館 南三陸311メモリアル」が10月1日にオープンする。9月22日の午後に宮城県南三陸町が主催する内覧会が開催されたので、別の出張に絡めて行ってきた。

※本記事に含まれている多数の写真が配信先のサイトで表示されない場合は、こちらでご覧ください。https://jbpress.ismedia.jp/articles/gallery/72014

 私はあくまで書籍『隈研吾建築図鑑』を書いた“隈研吾ウオッチャー”として自主的に取材しており、隈事務所に頼まれて行っているわけではないことを念押ししておきたい。これまでの隈氏に関する記事(いずれも出張費は自腹!)をまとめて見られるようにしたので、ご興味のある方は下記もご覧いただきたい。

「ウオッチャー隈研吾」
https://bunganet.tokyo/rensai-top/kengokuma/

 今回の施設の説明は、南三陸町から送られてきた内覧会の案内文が分かりやすかったので、それを引用する(太字部)。

 宮城県南三陸町は、2011年3月11日の東日本大震災から復興の歩みを進めてまいりました。この度、町の中心市街地に、BRTのJR志津川駅等の震災伝承、観光交流、交通拠点の各機能を有する道の駅さんさん南三陸を整備し、竣工の運びとなりました。

内覧会での説明映像より

 10月1日には、町の震災伝承を担う「南三陸311メモリアル」がオープンします。

 南三陸町はこの中心街エリアのグランドデザインを建築家の隈研吾氏に依頼し、すでに南三陸さんさん商店街、中橋が竣工しております。今回の道の駅の竣工が、中心街の拠点整備事業の仕上げとなります。

展望デッキから「さんさん商店街」を見下ろす