接種リスクを低くする「知識構造化」

 予防接種法はワクチン接種を決して義務付けてはおらず「努力義務」(第九条)

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=323AC0000000068

 と規定しています。この報告書に記されたような状況を、自分の問題として回避する、現状で可能な予防措置として、リスクの評価を上げておくべきでしょう。

 ご自身やご家族に既往症や併用薬がある場合、どのメーカのワクチンでどのような事故が起きているか、チェックしておくのが安全でしょう。

 転ばぬ先の杖とも言います。リスクが高いと考えられる場合には、安全を優先する判断も、当然下されるべきでしょう。

「予防接種法」は、その判断を保証しています。

 また行政には、ワクチンのセキュリティ改善を念頭に、接種マニュアルを更新し続ける責任と必要があるでしょう。

(つづく)