しかしながら、日本は既に中国の短中距離弾道ミサイルの攻撃範囲に入っている。存在を暴露しかねない対地攻撃に潜水艦を使用する必要性は低い。 

 中国潜水艦の攻撃目標は日米の水上艦艇、特に米空母と見る方が自然である。

 潜航中の中国潜水艦が、どのように日米艦艇の位置を把握するかという課題はあるものの、存在を把握していない中国潜水艦が日本周辺海域を遊弋し、何時でも攻撃される可能性があるという脅威認識を持つ必要がある。

中国潜水艦作戦イメージ

出典:西村金一、末次富美雄