ガスを排出する工場は増えたが、脱硫装置がつけられることはなく、大気を汚染し続けてきた。大気汚染について、人民には説明せず、警告も与えていなかった。

 私や同僚は、強烈な大気汚染だと感じていたが、中国人は大気汚染ではなく、「北京特有の霧」だと言っていた。

 北京市民の間ではそれほど大騒ぎになっていなかったのだ。

 PM2.5の計測数値が公表され、やっと気づいて問題視し始めた。中国人民の肺は25年以上もPM2.5に犯されてきたのだ。

 濃度が濃い大気汚染は、生命の危険もある。肺炎を引き起こすウイルスが痛めつけられた肺に入ってきた場合、特に危険だと思う。

 人民は、命の危険に晒されているのに、同じ境遇にあると、危険に対する感覚が麻痺してしまうのかもしれない。独裁中国の恐ろしいところだ。

お粗末な医療現場の一端

 私は、日中共同事業のために、中国の地方のホテルに滞在していた時、激しい嘔吐と下痢に苦しめられたことがある。

 その時、3人が同じ症状であり、中国軍の軍医に診察してもらったのだが、点滴の器材が1台しかないので、1人は点滴、私ともう1人は、「その点滴液を紙コップに入れて飲みなさい、効果は同じだから」と言われた。

 私の人生で初体験だった。その時、チューブ入りのすごく苦い漢方薬を飲まされた。この点滴液には、菌を殺す抗生物質は入ってなかったのではないかと思う。事実は不明だ。

 その後、気温40度を超える環境で、化学防護服を着て、調査をしていたことがあった。

 熱射病になる寸前だった時に、以前飲んだ漢方薬を渡された。

 私は不思議に思い、「嘔吐と下痢の時に飲んだ漢方薬と同じだが、これでいいのか」と聞いたところ、「この漢方薬は何にでも効く」と言われたので、飲んだ。