ヌタウナギからサメへ、太古の海が育んだ魚類の進化

生物進化を食べる(第5話)魚類篇

2019.08.30(Fri)大平 万里

浮き袋を持った魚は多様に進化

 一方、肺を浮き袋へと変化させた条鰭類は、古生代に別の道を歩みはじめた。そして、中生代から新生代にかけて、徐々に私たちになじみ深い魚の祖先が現れだす。

 一例として、硬骨魚としてのウナギを紹介しておこう。

 ウナギは約1億年前の中生代白亜紀には登場しており、現生の条鰭類の中では比較的古いグループに入る。ウナギは「レプトケファレス」という葉のような透明な幼体の時期を持つ。これは、深海を浮遊するのに適応した形態で、他の魚には見られない大きな特徴である。

 もともとウナギは、深海を浮遊する海産の魚だったのだ。産卵も南海の深海で行われるためにまったく人目につかず、ウナギの産卵場所が特定されたのはつい最近である。ウナギの完全養殖が非常に困難なのも、ウナギがたどった独特な進化による所が大きいだろう。生物進化への理解は、生物資源の管理にも大いに役立つことがあるのだ。

ウナギの幼生、レプトケファレス。 (出所:Kils at English Wikipedia

 さて、今回、デボン紀後期に陸上に進出した私たちの祖先も登場した。だが、それ以前に陸地を制覇していた生物がいた。次回はその先行上陸のパイオニアについて語っていこう。

第6話へつづく)

記事初出時のクロヌタウナギの体の記述に、説明の足りない点がありました。記事では修正済みです。(2019年8月30日)

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る