昭和31年、家庭のオムライスに入っていたご飯は?

「栄養と料理カード」でたどる昭和レシピ(10)オムライス

2019.08.23(Fri)三保谷 智子

口絵でカードと連動した材料と調理の写真を掲載

同じ1956(昭和31)年4月号の口絵には、オムライスのでき上がりと材料、作り方の写真が並ぶ。「オムライスはフランス料理ではありません。ピラッフ(洋風炊き込みご飯)を卵焼に包んだ日本版のご飯料理です」と前書きがある。
拡大画像表示

 白黒の写真なので分かりにくいが、フライパンの扱い方と卵液とご飯の包み方、オムライスの形の作り方をていねいに解説している。

 溶いた卵液はフライパンに一気に流し、真ん中が半熟状のときにご飯をのせ、フライパンを傾けて箸で手前の卵液をご飯にかぶせ、右手を持ち替えてフライパンを写真のように握り、その流れでフライパンを自然に返すように、皿に滑らすようにして開ける。ふきんで紡錘形に形を整えているが、油なれしたフライパンで作ればスムーズに卵液が移動できるので失敗は少ない。筆者の経験では、“迷わず思い切りよく作る”ことがコツ。まごまごしていると卵液が固まってきて形の自由がきかなくなる。

 トマトソースは市販のものを指すのだろうか。家庭ではあまり一般的ではなかったと思われる。カードのほうでは、それを煮つめてスープを加えて煮て、バターと小麦粉を練り混ぜたブールマニエを泡立て器で溶いたソースを紹介している。

炒り卵がのったチキンライス――昭和32年

1957(昭和32)年9月号では「チキンライス」のレシピを紹介。トマトケチャップで味つけした赤いご飯。
拡大画像表示

 トマトケチャップ味の赤い「チキンライス」のカードも見てみよう。なべで米を炒めてから炊く方法と、冷やご飯を利用してフライパンで炒める方法の両方を紹介している。

 炒め油はご飯総重量に対して2.5%。塩は0.6%。カードの絵のようにライス型に入れて皿にあけ、上にバターで炒めて作った炒り卵をのせる。6人分で卵2個だから彩り程度の分量だ。

 筆者が子どものころ、台所には持ち手つきの菊型とメロン型のご飯の抜き型があった。アルマイト製だったのか金色をしていた。チャーハンもこの型に詰めて皿に抜いてくれた。懐かしい思い出がある。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る