◆特別公開中◆
本記事は、期間限定で特別公開しておりますので、最終ページまでお読みいただけます。続けてお読みください。(すべての記事をお読みいただける「JBpressプレミアム会員」のご登録もぜひお願いいたします。)

 一方、ペロシは壁建設で人や犯罪をシャットアウトすることを「非人道的」と捉える。1月3日、米人記者たちに発言している。

 「壁建設は不道徳行為です。国家としてあるべき姿ではない」

 2017年4月にもペロシは「個人的には、壁は非人道的だと考えます。さらに建設費が高い。賢明な選択肢ではない」と明言している。

 ただすべての民主党議員が壁の建設に反対なわけではない。

 連邦議会が2006年10月に「安全フェンス法」という法律を可決した時、民主党議員の多くも賛成に回った。ブッシュ政権時代だ。

 現在ペロシと一緒に壁建設に反対するチャック・シューマー上院議員やヒラリー・クリントン上院議員(当時)も同法に賛成票を投じた。

 だがペロシは壁建設問題では当時から反対派だった。この点でペロシはぶれていない。

 それでは本題に入りたい。壁はトランプの言うように不法移民、麻薬の密輸や人身売買を本当に防止できるのだろうか。