「切れ端」「割れもの」スイーツの世界へようこそ!

割安感と特別感が相まって密かな人気に

2018.12.21(Fri)漆原 次郎

 チョコレートの種類は「割れチョコミルク」や「割れチョコビター」のほか、「割れチョコビタークランチ」や「割れチョコティラミス」など12種類。ただし、各種の内容量にはばらつきがあるという。

 家に帰ってから開封すると、すぐに甘美な香りが鼻に届いた。口に入れると、どのチョコも口溶けした部分がそのままスイートな味になっていく。同店のチョコレートは、カカオバター31%以上や、カカオバター以外の代用油脂は使用不可などの規格を満たした「クーベルチュール」だという。

形や包装は違えど味は同じ

 カステラといえば、均整のとれた四角い形が特徴。だがそれも端っこをカットするからこそ。そしてそのカットした切れ端を、格安の値段で買って味わうことができる。

 文明堂は、いわずと知れたカステラの老舗。創業は1900(明治33)年という。その文明堂で、店舗によっては「切り落し」のカステラが売られているのだ。

 訪れたのは、東京都江東区にある「壹番舘砂町直売店」。地下鉄の駅からは遠いが、砂町銀座商店街から約200mのところにあり人通りは多い。客がひとり、またひとりと、店の中へひっきりなしに入っていく。

 扉から入ってすぐのところに、そのカステラはあった。卵黄と卵白が約5:3の割合から名のついた「五三カステラ」や、オレンジハチミツの入った「ハニーカステラ」などの定番カステラの「切り落し」や、規格外品が置かれているのだ。

 この直売店では「切り落しハニーカステラ」を買い、日本橋本店で正規品の「ハニーカステラ」を買った。5枚の切れ端がタテに並んで、透明のラップに包まれた「切り落し」と、箱詰めされた正規品とでは、形も包装のされ方も対照的だ。けれども、当然ながら、どちらも文明堂のカステラの味。口の中で甘さがじわじわと溶け出すように広がっていく。

「切り落しハニーカステラ」。奥は正規品の「ハニーカステラ」。
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る