高血圧に血糖値上昇、メタボ要素を抑える酢の力

調味料の名脇役「お酢」の歴史と科学(後篇)

2017.03.31(Fri)漆原 次郎

 まず、血圧について。同社は高めの血圧を低下させる作用を見いだした。血圧が高めの被験者に1日約15ミリリットルの食酢を摂ってもらったところ、摂取期間中に食酢を摂らなかった対照群にくらべて最高血圧・最低血圧ともに低下が見られたという。

食酢の摂取と血圧の変化。 (ミツカン「高めの血圧の低下」掲載グラフをもとに作成)

 どうして、食酢が高めの血圧を低下させるのか。高橋氏は「摂取した食酢が体内で代謝されるとき、アデノシンという物質ができて、これが血管を拡張させることで血圧が下がるのだろうと考えられています。そういう報告があります」と説明する。

 食酢の種類は問うのだろうか。「複数の種類の食酢で効果を調べた私どもの研究では、食酢の主成分として共通する酢酸が作用していると分かりました。どんな食酢でも効果があるといえます」。

 なお、酢酸は熱に強いため、火を通したら多少の揮発はあっても、酢酸が壊れるこということはない。

食後の急な血糖値の上昇を緩やかに

 血圧以外にも、食酢の健康機能を同社は科学的に明らかにしている。食後の血糖値上昇を緩やかにする作用はその1つだ。

 ご飯などを食べると、血糖値が上がって下がる。これは人の体の正常な反応だ。だが、急激な血糖値の上下が繰り返されると糖尿病のリスクを高める。つまり、食後の血糖値上昇が緩やかなほうがよい。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る