溶けゆく氷を使っていた大正・昭和の冷蔵庫

変わるキッチン(第15回)~冷やす(後篇)

2015.07.31(Fri)澁川 祐子

霜取りの進化、室の細分化、そして大容量化

 1950年代後半から冷蔵庫ブームが起き、1960年代に入ると各社は競って新製品を発表するようになっていった。

 当時の『暮しの手帖』で冷蔵庫の記事をたどっていくと、その変遷がまざまざと分かっておもしろい。例えば、1961(昭和36)年5月号の記事タイトルは<電気冷蔵庫に入れておくとくさらないでしょうか>と冷蔵庫の性能に疑問を呈しているが、1964(昭和39)年7月号では<電気冷蔵庫の上手なつかいかた>に変わっている。さらに翌9月号では<電気冷蔵庫の自動霜取装置をくらべる>と題されている。

 冷蔵庫の開発において、初期の段階はいかに庫内に付く霜を取るかが課題だった。そういえば小さい頃に見た冷蔵庫の冷凍室には、もこもことした霜が付いていた記憶がある。それがいつのまにかなくなったのは、自動霜取り装置が進化したおかげだったのだ。霜取りの問題が解決したあとは、温度帯によってより細かく庫内が分かれていく流れになる。

 プラスチックの密閉容器が出回りはじめた1963(昭和38)年、東京芝浦電気(現・東芝)は冷凍室と冷蔵室が完全に独立した2ドアタイプの冷凍冷蔵庫を発売。冷凍食品の普及もあって、1970年頃には2ドアが主流となった。さらに1973(昭和48)年にはシャープから野菜室を独立させた3ドアタイプが登場。その後は自動製氷機、チルド室、半凍結のパーシャルフリージングと食材や用途にあわせて細分化され、5ドア、6ドアも珍しくなくなった。その間、省エネや大容量化も進んでいる。

 自然に頼るしかなかった長き時を経て、低温貯蔵を可能にした氷の時代へ、そして限りなく新鮮さを保とうと冷蔵庫が進化し続ける現代へ。この100年あまりで「冷やす」は劇的に変化している。

 もし、いま、冷凍冷蔵技術が消えたとしたら、食卓からどれほどの食材が消えるか。そう考えると、「冷やす」の進歩が現代の食卓に与えたインパクトの大きさに唸らざるを得ない。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る