生成AI事件簿
1〜 24 25 26 最新

予測精度がまさかの1%以下だった犯罪発生予測AI、警察のAI利用に潜む不安

【生成AI事件簿】間違った時の影響が計り知れない行政機関のAI活用
2023.11.1(水) 小林 啓倫 follow フォロー help フォロー中
IT・デジタル時事・社会経済
シェア19
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
暴動で壊されたニューヨーク・5番街のショーウィンドウ(写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ)
AIによる捜査で誤認逮捕が増える?(筆者がDALL-E 3を使用して生成)
集団略奪が起きた米フィラデルフィア。犯罪の発生予測や捜査にAIを用いる動きも広がっているが、そもそもの精度に対する懸念も広がっている(写真:AP/アフロ)

ビジネスの写真

JR北海道で続く鉄道廃止、「経営安定基金」の見込み外れが招いた疲弊 今後3年で1000億円超の追加支援も打開策見えず
「異例のアジャイル」でスピード開発、伊藤忠がAI活用体制を一気に整える狙い
スペースXが開発した史上最大のロケット「スターシップ」は何がすごいのか
「世界デジタル政府ランキング」3年連続1位のデンマーク、日本との違いとは?
「日本のユニコーン企業を潰す気ですか」業界結束で法案止めたアマゾンの戦術
報道からは見えない真相、「半導体業界の革命児」が仕掛ける大勝負とは?

本日の新着

一覧
青信号を横断中に左折ダンプに巻き込まれた息子、遺品ランドセルの中に「信号はなぜあるの?」の手書きカード
歩行者と自転車事故の死亡率が極めて高い日本、悲劇を生まないために国とドライバーがなすべきこと
柳原 三佳
北朝鮮「民族最大の祝日」の直前、中国共産党ナンバー3に帰国された金正恩
東アジア「深層取材ノート」(第232回)
近藤 大介
ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る
テンミニッツTV
オートファジーを蛍光顕微鏡で確認!栄養飢餓状態で活発に
テンミニッツTV
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。