ドイツ・ミュンヘンにあるgo asiaの店頭ディスプレイ

(姫田 小夏:ジャーナリスト)

 ドイツの金融都市フランクフルトでは新型コロナウイルス感染拡大への対応として今なおロックダウンが続いている。そのなかで、住民の数少ない楽しみの1つとなっているのが、食品スーパーへの買い出しである。

 4月上旬、フランクフルトに駐在する瀬良さん夫妻(仮名)は、自宅から車で30分かけて、ドイツ最大のアジア食材のチェーンスーパー「go asia」に向かった。購入したのは、オイスターソースとポン酢、蕎麦などだ。

 海外ではいたるところで現地のアジア系住民を対象にした食材店を見かけるが、ドイツのgo asiaは従来の店とは規模が違う。7000以上のアイテムを揃えるgo asiaがドイツの首都・ベルリンに初出店したのは2009年2月のこと。以来、店舗数を拡大し、現在はドイツ全土で25店舗を展開している。フランクフルトではツァイル通りという目抜き通りで、大々的に営業している。

 go asiaの品揃えは豊富で、米、味噌汁、インスタントラーメンなど日本の定番食品はもちろん、アジア各国の食材や調味料、さらには和食器、茶碗などの生活小物や、電気ケトル、加湿器といった小型家電製品まで取り揃えている。瀬良さん夫妻は「よほどこだわらない限り、go asiaのおかげで食生活に不自由を感じることはありません」と語る。

go asiaの店内