トランプ支持者に「絶縁の勧め」

 ネルソン氏によれば、「国策評議会」の具体的な動きとは以下のようなものだ。

 人工中絶反対連盟のマジョーリー・ダンネンフェルザー会長やエバンジェリカルズ女性連盟のペニー・ナンス会長といった有力メンバー2人が最近、アイオワ州共和党有権者あてに「トランプ以外なら誰でもいい」(Anyone But Trump)としたためた書簡を送付したというのだ。

 言ってみれば、トランプ氏と縁を切りなさい、という「絶縁の勧め」だ。

 さらに南部バプテスト神学校のランド学長も南部バプテスト連盟の機関紙に「トランプは並外れて悪い」(Exceptionally bad)と書いたエッセイを寄稿している。

https://www.salon.com/2019/10/25/mike-pence-trump-impeachment-council-national-policy/

「国策評議会」の有力メンバーたちがトランプ大統領にレッドカードを突きつけたわけだ。

 もっとも「国策評議会」会長のパーキンス氏や戦略担当顧問のラルフ・リード氏は今のところ「トランプ氏を見捨てるか否かは未決定」(Keep their options open)とされている。

 ネルソン氏はこう指摘している。

「2016年の大統領選の際には『国策評議会』がトランプ氏につぎ込んだ金と選挙戦術と実戦部隊(選挙運動員)、これをそっくりペンス氏に移行させる戦略が水面下で進行している」

「トランプ大統領が弾劾あるいは辞任することをすでに見越し、大統領に昇格したペンス大統領を『再選させる』選挙戦略なのだ」

 冒頭の政治ウォッチャーの「(これからの政局は)どうなるか分からん」という一言が耳元にこびりついて離れなくなってきた。