「妖怪変化の政治家」

 このセコンドとは、マイク・ペンス副大統領だ。自他ともに認めるエバンジェリカルズ*1だ。

*1=エバンジェリカルズとはキリスト教原理主義者。聖書に書かれていることを一字一句信じている。チャールズ・ダーウィンの「進化論」を無視し、地球温暖化を一蹴し、同性愛や人工中絶を「神の摂理」に反すると否定している。

 ペンス氏を過去30年間取材してきた『インディアナポリス・スター』のトム・ロビアンコ記者は、近著『Piety & Power: Mike Pence and the Taking of the White House』(信心と権力:マイク・トランプとホワイトハウス乗っ取り)の中でこう指摘している。

「マイク・ペンスという男は、自分に自信のない政治家であり、究極の妖怪変化的な政治家だ」

(He is not confident enough in himself. He is the ultimate political shape-shifter.)

 つまり自分自身の確固たる政治理念などない。しかし、状況の変化には敏感な風見鶏政治家だというのだ。

「色彩を持たない政治家」だからこそ、置かれた立場では臨機応援に変身できるのだろう。

 キリストを信じ、清廉潔白な人生を送ろうとするエバンジェリカルズがなぜ、モラル上問題だらけのトランプ氏の側で3年間も副大統領を務めてこられたのか。

 謎を解くカギはどうやら「究極の妖怪変化的さ」にあるのかもしれない。

 ロビアンコ氏によれば、ペンス氏は謹厳実直で恐妻家。不倫やセクハラには無縁の生活を送ってきた。

 ペンス氏の両親はアイルランド系カトリック教徒だったことから同氏も当初はカトリック教徒だったが、1980年代にエバンジェリカルズになっている。

(エバンジェリカルズは通常プロテスタントだが、カトリック教徒でエバンジェリカルズもいる)