その結果、トランプ政権での対中スタンスでは、トランプ大統領が「グッド・コップ」(良い警官=善玉)を演じ、ペンス氏には「バッド・コップ」(悪い警官=悪玉)を演じさせるシナリオがあるという分析が大勢を占めたようだ。

 ペンス氏は今年は10月26日、中道系シンクタンク「ウィルソン・センター」で対中演説を行った。

 前段は昨年同様、中国の海洋進出や軍事力の増強などを厳しい口調で批判した。しかし、後段では、トーンががらりと変わる。

「米国は中国とは対決はしない。中国を包囲などしない。中国指導者たちの建設的な関係を望んでいる。中国と手を切ることはない」

 ワシントンの外交専門家筋は、この二律背反的な今回の演説についてこう読み解く。

「ペンス氏を背後で操っているのは、ハドソン研究所のマイケル・ピルズベリー博士だ。中国強硬派の重鎮でトランプ政権発足と同時に中国政策では影響力を増してきた」

「昨年も今年もペンス氏の講演内容も大筋はピルズベリー博士が書いたものだろう。ところが今回は米中貿易協議が最終合意できるかどうかの微妙な段階に入っている」

「米中合意ができるかどうかはトランプ大統領の再選にとっては最優先事項だ。合意できなければ、好調な米経済に陰りが出てくるのは必至だからだ」

「後段の下りは大統領からの命令で書き加えられたに違いない」

「夫婦喧嘩で初めはありとあらゆる罵詈雑言を放ちながら、締めでは『でも離婚はしないぞ』と言っているようなもんだ」

 中国外務省の華春瑩報道官は、ペンス氏の投げた硬軟入り混じった「チェンジアップ」にこうコメントしている。

「ペンスを頭(かしら)とする一握りのアメリカの政治屋がこれらの問題(海洋進出はじめ香港、ウイグルなどの諸問題)に関して白黒を逆転させ、四の五の言い、デマを飛ばして中国を侮辱することはまさに内政干渉以外の何物でもない」

 トランプ大統領に対する直接の批判はなく、ペンス氏とその周辺にいる「一握りの政治屋」に矛先を向けているところがミソなのだ。