ブームが来るたびに「かき氷」は進化する

食感とともに見た目でも味わう夏の風物詩

2017.06.09(Fri)佐藤 成美

 1869年には、町田房造が横浜の馬車道で「氷水店」を開いた。「あいすくりん」(アイスクリーム)とともに氷水を販売し、本格的なかき氷が登場した。

 明治時代初期には、冬に池で氷を作り、保存しておいて夏に販売するという製氷業(今でいう天然氷の製造)が長野県など寒冷地で広まった。こうして、氷が比較的自由に手に入るようになると、かき氷が普及したが、やはり高級品だった。

戦前に「雪」「みぞれ」「氷金時」が庶民の夏の風物詩に

 かき氷が庶民の口に入るようになったのは、明治時代の後半に機械製氷の技術が発達してからだ。鉋(かんな)を応用したかき氷機が発明され、かき氷の旗も使われるなど、今の私たちがよく知るかき氷のルーツはこのころにある。

 昭和時代の初期にかき氷機が広まると、さらにかき氷の人気が高まった。

 戦前のかき氷は、削った氷に砂糖をかけた「雪」、蜜をかけた「みぞれ」、小豆を載せた「氷小豆」または「氷金時」などだ。かき氷用のシロップが出たのは戦後のこと。氷イチゴや氷メロンなど、色とりどりのかき氷を楽しむようになった。

 かき氷のおいしさは、削った食感にある。氷を削るとふわふわの舌触りがもたらされるとともに、シロップのなじみがよくなり甘さがいっそう引き立つのだ。砕いた氷ではこの風味は感じられない。以前、米国でカラフルなシロップをかけた「シェイブド・アイス」(Shaved Ice)という氷菓を食べたことがあるが、日本のかき氷とは風味は異なっていたことを覚えている。

米国などで見かける「シェイブド・アイス」。(写真:frontriver from Flickr, under CC BY 2.0)
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る