焼き鳥5本以上は要注意、
「プリン体」摂取の危険水域とは?

誤解だらけのプリン体と痛風(後篇)

2015.02.20(Fri)漆原 次郎

アルコールの影響3分の1、プリン体の影響3分の2

――アルコールなどの飲み物についてもお聞きします。アルコール飲料中のプリン体含量は、例えばビールが100ミリリットル中5ミリグラム前後。これは、食べものにあるような「100グラム中200ミリグラム」などの含量よりはかなり少ないですよね。にもかかわらず、「ビールは痛風の主要因」などと言われています。どういうことでしょう?

金子 確かにアルコール飲料のプリン体含量は多くありません。蒸留酒にはほとんどプリン体は含まれていません。

 けれども、アルコール自体もまた尿酸値を上昇させるのです。アルコールを摂取すると、体内のATP(アデノシン三リン酸)が代謝・分解されます。ATPはプリン体の一種で、代謝量が多いと、プリン体の最終代謝産物である尿酸が多くつくられることになります。

 また、大量にお酒を飲むと、つくられた乳酸が尿酸の排泄を阻害して、これもまた痛風の原因になります。

アルコール飲料100ミリリットル中のプリン体含有量(単位はミリグラム)。主なものを抜粋 (参考:金子教授の2006年の調査データを参考に筆者作成)
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る