焼き鳥5本以上は要注意、
「プリン体」摂取の危険水域とは?

誤解だらけのプリン体と痛風(後篇)

2015.02.20(Fri)漆原 次郎

 プリン体の他、果糖の摂りすぎも尿酸値を上げますから、摂りすぎないように注意が必要です。具体的にはグレープジュースなどの甘い飲み物です。

――逆に、痛風の発症を抑えるのに効果的な食べものもあるのですか?

金子 乳製品が痛風の発症リスクを下げることが報告されています。

 また、以前言われていたアルカリ性食品はよいと言えます。ひじき、こんぶ、わかめなどは尿を中性に近づけます。

 けれども、食事はバランスよく、1日30品目を目指すことがより大事です。例えば、たとえ外食でも、品目の多い定食などで、野菜も多く摂るとよいと思います。

食品中のプリン体含有量。とりわけ含有量の多い食品
(参考:女子栄養大学出版部「日本食品標準成分表2015」、日本痛風・核酸代謝学会「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」、金子希代子教授調査データをもとに筆者作成)
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る