「もやし」を日本中に広めたのは戦争だった

岐路に立つもやし(前篇)

2015.01.16(Fri)漆原 次郎

 興味深い別の起源説では、加藤清正(1562~1611)が、朝鮮出兵のとき連れて帰った捕虜が、もやしづくりを広めたという俗説もある。だが、平安時代の延喜年間(901~923)に成立した日本最古の本草書『本草和名』には、すでに「毛也之(もやし)」という記述があり、薬用に栽培されていたので、加藤清正説の信憑性は低い。

 ほかにも、豆腐や納豆と同様、中国から伝来したことも考えられなくない。だが、いずれも仮説の粋を出ていないといってよい。

 江戸時代初期の1712(正徳2)年には、寺島良安による図入り百科事典『和漢三才図会』が発行されており、「菽豆類」の巻に「豆糵(まめのもやし)」が載っている。残念ながら図の記載はないが、「黒大豆は糵となって、芽を生ずる。五寸の長さで乾かして、よく炒って服食する。心もち甘く、痺れや膝の痛み、筋のひきつりを治す」といった旨が記されている。この時代、もやしはまだ薬用と考えられていたようだ。

温泉地での栽培から港湾都市での栽培へ

 流通網も発達していなかった江戸時代、現在ほど全国各地でもやしが食べられていたわけではない。だが、雪国の温泉地では、冬場に温泉の熱を利用して、もやしもつくられるようになった。

 青森県大鰐(おおわに)町の大鰐温泉では、「小八豆(こはちまめ)」という在来種の大豆を原料とする長さ30センチほどの長細い「大鰐温泉もやし」がつくられてきた。歴史は古く、少なくとも江戸時代初期にさかのぼれるという。津軽家第三代藩主だった津軽信義(1619~1655)の頃には、七草がゆの材料の1つとして大鰐温泉もやしが献上されていた。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る