矢野 義昭のプロフィール

Yoshiaki Yano

昭和25(1950)年大阪生。昭和40(1965)年、大阪市立堀江中学校卒。昭和43(1968)年、大阪府立大手前高校卒。昭和47(1972)年京都大学工学部機械工学科卒。同年同文学部中国哲学史科に学士入学。同昭和49(1974)年卒。同年4月、久留米陸上自衛隊幹部候補生学校に入校、以降普通科(歩兵)幹部として勤務。美幌第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令、兵庫地方連絡部長(現兵庫地方連絡本部長)、第一師団副師団長兼練馬駐屯地司令などを歴任。平成18(2006)年小平学校副校長をもって退官(陸将補)。核・ミサイル問題、対テロ、情報戦などについて在職間から研究。拓殖大学客員教授、日本経済大学大学院特任教授、岐阜女子大学客員教授。著書『核の脅威と無防備国家日本』(光人社)、『日本はすでに北朝鮮核ミサイル200基の射程下にある』(光人社)、『あるべき日本の国防体制』(内外出版)、『日本の領土があぶない』(ぎょうせい)、その他論文多数

矢野 義昭の人気記事

最新記事

中国とロシアを強気にさせる必然的理由
矢野 義昭2014.5.7
集団的自衛権行使はなぜ必要か
矢野 義昭2014.4.9
一瞬で基幹インフラを麻痺させる恐るべき脅威
矢野 義昭2014.3.4
インターネットを米国主導から奪取せよ!
矢野 義昭2014.2.10
叔父を処刑し唯一独裁者となった金正恩
矢野 義昭2013.12.26
中国はいまなぜ防空識別圏を設定したのか
矢野 義昭2013.12.4
中国の辺境作戦における政治工作について
矢野 義昭2013.10.31
中国が尖閣諸島を絶対にあきらめない理由
矢野 義昭2013.10.2
中国は尖閣諸島をどのように攻めてくるか
矢野 義昭2013.9.12
活発化する中国原子力産業の国際交流
矢野 義昭2013.8.1
潜在核保有能力を高め対中接近を図る韓国
矢野 義昭2013.6.10
ボストンのテロから学ぶ自分と家族を守る方法
矢野 義昭2013.4.23
日露の戦略的和解の必要性と北方領土返還への道筋
矢野 義昭2013.4.1
強まる中国の支配と突破口を求める北朝鮮
矢野 義昭2012.11.13
経済面で急接近する中韓両国
矢野 義昭2012.10.22
増える軍事用ロボット、米軍機の3割は既に無人
矢野 義昭2012.6.13
改革開放路線に舵を切り始めた金正恩政権
矢野 義昭2012.5.14
迫る中国の軍事的脅威、高まる核攻撃の可能性
矢野 義昭2012.5.1
急速に復活の兆しを見せるロシアの軍事力
矢野 義昭2011.11.22
再び注目集めるイスラエルの核保有疑惑
矢野 義昭2011.10.11