勢古 浩爾のプロフィール

せこ・こうじ 1947年大分県生まれ。洋書輸入会社に34年間勤務ののち、2006年末に退職。市井の人間が生きていくなかで本当に意味のある言葉、心の芯に響く言葉を思考し、静かに表現し続けている。著書に『結論で読む人生論』(草思社)、『自分をつくるための読書術』『最後の吉本隆明』(ともに筑摩書房)、『まれに見るバカ』(洋泉社)、『人生の正解』(幻冬舎)、『定年バカ』(SBクリエイティブ)、『自分がおじいさんになるということ』(草思社)など。

勢古 浩爾の人気記事

最新記事

外で遊んだ子どもが家路につくように――死ぬ覚悟なんかいらないのかもしれない
勢古 浩爾2024.7.10
「やっぱり昔はよかった」と思うもの、「断然、いまの方がよくなった」と感じるもの
勢古 浩爾2024.6.26
カスハラ対策の根幹は「従業員の安全」、組織トップは金儲けばかり考えず従業員を守れ
勢古 浩爾2024.6.12
いまの政治のままでは日本はだめになるばかり、小さいことでも日本を変えようとする心意気は大事だ
勢古 浩爾2024.5.29
脱北者が衝撃を受けた「初めての日本旅行」――洗脳の怖さと、洗脳が解けて自由になる喜び
勢古 浩爾2024.5.15
わたしの考える幸せにぴったり、読んだだけで一日幸せになれる文章
勢古 浩爾2024.5.1
頑なに拒んでいたのに…動画配信サービスに一気にのめりこんでしまった
勢古 浩爾2024.4.17
劇場版「スラムダンク」はやはりおもしろかった――完成された画、引き込まれる展開
勢古 浩爾2024.4.3
世間に疲れたら「人断ち」「情報断ち」してはどうか―情報が入りすぎると心が動かなくなる
勢古 浩爾2024.3.20
「借金の申し込みでも亡霊でもありません」正月に届いた一通の手紙
勢古 浩爾2024.3.6
数え切れないほど映画を見たわたしが思う、傑作映画ベスト10
勢古 浩爾2024.3.1
ナワリヌイは言った「僕が殺された場合のメッセージは単純だ。“諦めるな”だ」
勢古 浩爾2024.2.21
「プーチンが最も恐れた男」ロシア反体制派ナワリヌイ氏死去、身をもって示した良心とは【JBpressセレクション】
勢古 浩爾2024.2.17
司馬遼太郎記念館、書斎で本を読んでいる姿が見えるようだ
勢古 浩爾2024.2.7
小平奈緒がイ・サンファを抱きかかえるあの美しい写真が撮れた理由がわかった
勢古 浩爾2024.1.24
松本人志騒動で露呈、お笑い芸人なしでは番組ができないテレビ局の体たらく
勢古 浩爾2024.1.10
大谷フィーバーの陰で、私費で野球場を建設した筒香嘉智が“極上の一言”
勢古 浩爾2023.12.27
周庭さんの現況にひと安心、強大な国家・中国が一人の若い女性を恐れている
勢古 浩爾2023.12.13
アニメ映画『BLUE GIANT』が素晴らしい、斬新な映像と音楽が圧巻
勢古 浩爾2023.11.29
そんな生き方しか許さなかった世の中が悪い、だから自分を責めるな、生き直せ
勢古 浩爾2023.11.15