治承4年(1180年)、以仁王は平家打倒の檄文を全国に飛ばし、頼朝にも届く。実は頼朝は、あまり政治に関心が無かったらしい。ところが、頼朝は清盛の宿敵、義朝の遺児であり、武士の中では清盛とともに最も高貴な出である。貴種の頼朝に全国の武士の期待が集まり、平家も警戒する。頼朝は暗殺の危険を感じ取り、先手を打って挙兵した。

 頼朝は関東の武士に檄を飛ばし、悪戦苦闘の末に勢力を結集し、鎌倉に入る。

 頼朝討伐の為に西国から進撃してきた平家軍を、富士川で迎撃。圧勝した。富士川の戦いである。

 頼朝はすぐに進撃しようとしたが、武士団の反対で断念。勢力を整える為に鎌倉に戻る。仮に追撃しても、おそらく補給が続かなかっただろう。これが賢明な選択となった。

 関東で戦力を整えている間に、異母弟の義経をはじめ、兵士に不満な武士が参集してきた。頼朝は侍所を設置するなど、軍事政権の実を整えていく。全国で動乱が勃発し、いつの間にか、中央政権の平家に継ぐ日本第二の実力を保持していた。

 飢饉の間は平家と休戦し関東の地盤を固める頼朝に代わり、京都へ進撃したのが同じ源氏の源義仲である。だが義仲は軍事能力こそ高かったが、政治は無能だった。朝廷は頼朝に義仲追討を命じる始末だった。頼朝は朝廷の上洛要請を断り、義経らを差し向けて義仲を誅殺する。

なぜ武士を組織化できたのか

 さて、なぜ全国の武士は平家に不満を持っていたのか?

 長い藤原氏の摂関政治、ついで院政の時代、武士は貴族の犬として扱われた。それでも、その統治に満足すればそれだけで不満は持たない。

 武士は1つの所領の為に命懸けで戦う。すなわち、「一所懸命」である。一族の所領を守れるならば、むしろ喜んで貴族に犬のように仕える。

 だが、朝廷の裁判が公正を失い、自分の所領が守れないとしたらどうするか。武器を持って戦う。法が頼れない以上、自力救済を行う。

 そこに頼朝は「自分に従えば所領を守る」と公約した。「だから、自分を武家の棟梁として押し立てよ」と命じたのである。関東の武士たちは、貴種の頼朝を自分たちの棟梁として仰いだ。

 頼朝はこうして自分に従う武士を組織化し、強大な平家政権、そして朝廷そのものと戦う態勢を整えたのだ。