FBの「グッドニュース」をFC

 新型ウイルスの「アフリカ感染拡大」の話は聞いただけで背筋が寒くなる。

「今から2週間がヤマ場」という説を信ずれば、それまでにアフリカ大陸以外での感染状況をこの2週間のうちに好転させ、アフリカに害が及ばないようにせねばならないわけだ。

 好転させる「グッドニュース」はないのか。

 日本も「戦時状態」だが、米国は国家非常事態宣言。カリフォルニア州やニューヨーク州といった全米人口1位、2位の大州には外出禁止令が出ている。

 株価は下落し、全市民は在宅勤務を強いられ、食料品不足が続いている。

 そうした中でフェイスブックは、「グッドニュース」をぽんぽん流している。それを読んで世界中の人々は一喜一憂しているに違いない。

 フェイクニュースをチェックするサイト、スノプス・ドットコム(Snopes.com)がこれらがフェイクニュースかどうか、ファクトチェックしている。

 その主だったものを以下列挙してみる。「グッド・ニュース」の信憑性についてのスノプス・ドットコム以下のようなコメント(→)をしている。

一、新型ウイルスに罹った感染者のために急造した隔離病院として最後に建築した病棟を閉鎖した。新たな感染者が発生しなくなったためだ。中国での感染拡大は収まった。

→そういうふうに断定を下すにはまだ十分な情報はない。ただ中国当局は19日、新たな感染者は報告されていないと発表している。

一、インドの医師団は、感染者にHIV感染治療の抗ウイルス薬ロピナブル・リトナビル、インフルエンザ治療薬のオセルタミビルを鎮静薬のクロルフェニラミンと一緒に投薬した結果、感染者は完治した。

→「エコノミック・タイムズ」*1は2種類のエイズ用の薬品が感染者の治療には死活的に重要だとの結果が出たと報道。またインドの保健省は感染者の症状次第でHIV感染治療の抗ウイルス薬を投薬することを勧めている。

*1=「タイムズ・オブ・インディア」の姉妹紙、英字日刊紙、発行部数は37万部。

一、イスラエルの科学者たちはまもなく新型ウイルス用のワクチンが開発されたことを発表する。米カリフォルニア州サンディエゴのバイオテク会社はデューク大学、シンガポール国立大学との共同研究で新型ウイルス用のワクチンを開発中である。

→開発中というが、それを臨床実験し、実用化するにはまだまだ時間がかかりそうだ。スノプス・ドットコムは結論としてこう指摘している。

「これらの情報は総じて正確だ。信頼できるメディアもこれらの情報を報道している」

「しかしながら3月23日現在、これらの情報を『パンデミックが終結に近づいている』ことを示すような証拠として受け止めてはならない」

「米政府公衆衛生当局は引き続き米国民に対し、社会的距離(Social distance)を保つよう訴えている。また効果的なワクチンが世界的規模で薬品として流通するようになるには2021年中葉までかかりそうだ」

https://www.snopes.com/fact-check/covid-good-news-list-accurate/