現に上院民主党の院内総務ミッチ・マコーネル議員は「弾劾は上院で絶対に反対して阻止する」と明言した。上院では下院から回されてきた弾劾動議を審議するどころか、入り口で審議拒否という決定もくだせるのだ。現に上院共和党ではそうした動きへの流れが浮かんできた。

 米国でも日本でも主要メディアはこうした政治的な現実に触れず、いまの弾劾手続きがいかにもトランプ大統領を辞任させるかのようなセンセーショナル報道を続けている。だがトランプ辞任という可能性はまずないと言ってよい。

米国民の怒りの矛先はメディアに

 それどころか今回の弾劾の動きが逆にトランプ大統領への支持を増し、民主党や反トランプのメディアに打撃をもたらす可能性も大きくなってきた。

 まず、弾劾の動きが公になると、トランプ陣営への一般からの政治寄付金が36時間以内に1300万ドルに急増した。この金額は民主党の大統領候補者たちへの数日間単位の寄付金額よりもケタ違いに多い。

 また一連の世論調査で、弾劾措置の開始後にトランプ大統領への支持率が高まったことも判明した。共和党支持層では96%の人たちがトランプ大統領を支持し、さらに弾劾への反対も同じ層では90%を軽く超えていた。