トヨタが販売店の再編を進めるのは、トヨタレンタリースを含めて全国に6000店ある販売店を、各地域の状況を踏まえて「最適化する」という狙いがある。結果的に販売店舗数は縮小されることになるが、欧米における1店舗あたりの販売実績を考慮すると、業界内には「半減以下」になってもおかしくはないとの見方がある。

 補修部品の販売については、全国の「トヨタ部品共販」33社と、カー用品店「ジェームス」を展開する部品販売子会社「タクティー」を統合し、2020年4月に新会社「トヨタモビリティパーツ」として再出発した。

 そして、中古車販売については2020年4月1日、「トヨタ、ブランド刷新とともにデジタル領域を軸に中古車事業を強化」というニュースリリースを出した。

 その中身は、これまで「T-Value」「T-Valueプレミアム」「T-Valueハイブリッド」「T-Valueプレミアムハイブリッド」の4つに分かれていた中古車ブランドを、「トヨタ認定中古車」に統一するというもの。その上で、既存のトヨタ中古車サイトのデザインをリニューアルした。

 気になるのは、「他自動車メーカーの公式中古車サイトとの連携により、他メーカー系列の販売店の在庫検索など、さらなる充実を目指す」としている点だ。

 トヨタはその前段として、中古車在庫の確保に向けて、中古車流通に大幅に手を加えた。具体的には、オークション経由で卸売りしていた車両を、トヨタ販売店の間で流通させるようにする。そのために、トヨタ関連企業の「トヨタユーゼック」と「シーエーエー」が流通ヤード(保管場所)の拡充を進める。さらに、オークション会場の一部で、トヨタとの繋がりが強いダイハツ、マツダ、スバル、日野自動車の専用コーナーも設置する。