「タイ料理といえばパクチー」は日本人の幻想だった

体調でハーブを使い分けるタイの“香草大国”ぶり

2018.04.06(Fri)佐藤 成美

おふくろの味「ナムプリック」

 料理の脇に、酸味のある甘辛いソースがよくついてきた。これは「ナムプリック」といい、何種類もの香草と、トウガラシやニンニク、ホムデン(赤わけぎ)、マナーオ(ライム)果汁、調味料などをクロックと呼ばれるすり鉢ですりつぶしてペースト状にしたものだ。

 野菜や魚につけて食べたり、カレーや煮込み料理などの味付けにも使われたりする。タイの家庭料理の定番で、家庭ごとにいろいろな種類がある。いわば「おふくろの味」である。

 外食の多いタイでは家で作る機会は減っているそうだが、屋台から高級レストランまでそれぞれの味をタイの人々は楽しんでいる。「このナムプリックを使えば、ごはんがおいしく食べられる」と自慢の味を売る屋台もあった。

(上)「カオパット(焼きめし)」や「トートマンプラー(さつま揚げ)」の脇に添えられているソースが「ナムプリック」。(左下)クロックという石臼で香草や調味料をすりつぶす。(右下)自慢の味を販売。
拡大画像表示

葉っぱに巻かれた「タイのオードブル」

 市場で不思議な食べ物を見かけた。「ミャンカム」という。刻んだピーナツやココナツ、干しエビなど、また「マナーオ」(ライム)や「グラチャイ」(ショウガの仲間)、それにプリックキーヌーなどの具材を、上述のナムプリックとともに「バイチャプルー」(ハイゴショウ)というハートのような形をした葉っぱで巻いたもので、串に刺してある。甘辛い具材に、青臭い葉っぱという組み合わせが日本人にとっては新鮮な味わいだ。

「ミャンカムは伝統的なタイ料理のオードブルで、出された具材を自分で巻いて食べるものです。最初から巻いてあるものは珍しいです」とピンさんは言う。市場で食べやすいように、このスタイルで売っているのだろう。

市場で見かけた「ミャンカム」。
この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る