結局、人工甘味料は体にいいのか悪いのか

「ネイチャー」人工甘味料論文の衝撃(前篇)

2014.10.17(Fri)漆原 次郎

 その報告によると、清涼飲料水をよく飲む人と糖尿病には関連が見られなかったものの、ダイエットソーダをよく飲む人と糖尿病には関連が見られたということです。今回の『ネイチャー』の発表と大きくは外れていない結果だったわけです。

 ただし、この結果が正しいとしても、なんという人工甘味料が糖尿病リスクを高めるかまで特定するのは難しいでしょう。飲料メーカーは、人工甘味料を1種類入れるだけでは後味が悪くなるため、複数種類の人工甘味料を混ぜて、砂糖に近いまろやかさを出そうとするからです。

――こうした研究では、人工甘味料を多く摂取する人が糖尿病や肥満になりやすいのか、糖尿病や肥満の人が人工甘味料を多く摂取しやすいのか、つまり因果関係があいまいな気もします。

中島 そうですね。人工甘味料の摂取は、糖尿病や肥満の原因ではなくマーカーなのかもしれません。そこで、介入試験という試験が行われています。数週間や10週間などの比較的短い期間、協力者に人工甘味料を意図的に与えるなどして、体への影響の有無などを調べるのです。

 人工甘味料の摂取と血糖値の関連などを調べた介入試験が何度か行われました。「血糖値に影響はない」という結果や、「血糖値は下がった」という結果があります。人工甘味料を摂取して「明らかに血糖値が悪化した」という結果は見られません。

 ただし、介入試験の期間は短いため、本当に糖尿病のリスクが高まらないのかどうかはなんとも言えません。

「ネイチャー」の論文が“決定版”ではない

――9月17日に発表された「ネイチャー」の論文では、人工甘味料の摂取により腸内細菌叢のバランスが崩れることで血糖値が上昇したとする内容が出ています。この論文を、どのように受け止めていますか?

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る