山中 俊之のプロフィール

著述家/芸術文化観光専門職大学教授

1968年兵庫県西宮市生まれ。東京大学法学部卒業後、1990年外務省入省。エジプト、イギリス、サウジアラビアへ赴任。対中東外交、地球環境問題などを担当する。首相通訳(アラビア語)や国連総会を経験。外務省を退職し、2000年、日本総合研究所入社。2009年、稲盛和夫氏よりイナモリフェローに選出され、アメリカ・CSIS(戦略国際問題研究所)にて、グローバルリーダーシップの研鑽を積む。

2010年、企業・行政の経営幹部育成を目的としたグローバルダイナミクスを設立。累計で世界96カ国を訪問し、先端企業から貧民街・農村、博物館・美術館を徹底視察。ケンブリッジ大学大学院修士(開発学)。高野山大学大学院修士(仏教思想・比較宗教学)。ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA、大阪大学大学院国際公共政策博士。京都芸術大学学士。コウノトリで有名な兵庫県但馬の地を拠点に、自然との共生、多文化共生の視点からの新たな地球文明のあり方を思索している。五感を満たす風光明媚な街・香美町(兵庫県)観光大使。神戸情報大学院大学教授兼任。

著書に『世界94カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養 世界5大宗教入門』(ダイヤモンド社)。近著は『世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる日本史12のツボ』(朝日新聞出版)。最新刊に『世界96カ国で学んだ元外交官が教える ビジネスエリートの必須教養 世界の民族超入門』(ダイヤモンド社)。

山中 俊之の人気記事

最新記事

中国による「現代版朝貢貿易」の周辺国に成り下がったロシア、400年ぶりの中国優位という歴史的転機
山中 俊之2024.5.25
実は仲がよかったイランとイスラエル、領土の直接攻撃にまで発展した憎悪の連鎖はなぜ始まったか?
山中 俊之2024.4.25
ただの儀礼的存在ではないタイの国王、政治と王室が複雑に絡み合う「微笑みの国」の裏側
山中 俊之2024.3.25
中国との物理的な距離、外国政府の補助金漬け、ダイバーシティの欠如…熊本工場を立ち上げた台湾・TSMCに潜む死角
山中 俊之2024.2.23
共和党の指名候補争いを独走するトランプを後押しする不安定なラテンアメリカ
山中 俊之2024.1.25
インドのビジネス系国際会議で見た、G7とは異なるグローバルサウスの“景色”
山中 俊之2023.12.21
ハマス・イスラエル紛争でトランプ氏の再選に現実味、米外交は混乱・崩壊も
山中 俊之2023.11.18
ハマス・イスラエル紛争で大打撃、起業大国イスラエルのエコシステムのゆくえ
山中 俊之2023.10.23
過疎地こそ必要な公共交通の無償化、世界初のルクセンブルクに見習うべき点
山中 俊之2023.9.24
ロシアによるウクライナ侵攻で駆け込み寺になったNATOの歴史とその役割
山中 俊之2023.8.21
実は再エネの潜在力は高い、中東産油国に脱炭素を提案した岸田首相の目論見
山中 俊之2023.7.22
史上最悪の罵り合いも、醜悪な大統領選を生み出す米国の恐るべき政治システム
山中 俊之2023.6.23
「天地人」が岸田首相に味方、稀代の演出家と俳優によるG7広島サミットの成果
山中 俊之2023.5.22
欧米でも中国でもないもう一つの軸「グローバルサウス」とどう向き合うべきか
山中 俊之2023.4.22
「エブエブ」のアカデミー賞受賞、中国の影響拡大を米国社会が受け入れた証か
山中 俊之2023.3.22
震災支援を奇貨に再考すべきユーラシア大陸の超重要国・トルコとの経済関係
山中 俊之2023.2.19
きな臭さを増すエルサレム情勢、ウクライナ戦争の影で広がり始めた衝突リスク
山中 俊之2023.1.21
西側に対峙する「似たもの連合」、中国のアラブ接近で国際力学はどう変わる
山中 俊之2022.12.19
成績だけならハーバード大の過半数はアジア系、米国で見直される人種優遇策
山中 俊之2022.11.21
ドローン提供でロシアを支えるイラン、国内で吹き荒れる暴風雨を制御できるか
山中 俊之2022.10.22